【中国】いろんな意味でスゴかった人民日報の新本社ビルが進化! 尋常じゃない立派さ / 裏側もヤバい

ロケットニュース24 / 2013年11月27日 7時0分

【中国】いろんな意味でスゴかった人民日報の新本社ビルが進化! 尋常じゃない立派さ / 裏側もヤバい

「人民日報」とは、中国共産党の機関紙のことである。その人民日報社の新本社ビルが「いろいろな意味でスゴイ立派」だと話題になった。

まだ完成前だというのに、ビルからほとばしるパトスに世界は圧倒され、すでに新・中国トンデモ建築の代表選手だ。その人民日報のビルがさらにパワーアップ!なんと本体が光り輝く黄金色に! 裏側まで公開され、再び世界に衝撃が走っているのだ。

写真を見てみると……すごく……立派……です。天に向かって雄雄しく伸びるビルはただでさえ力強い。それがまぶしい黄金色に輝いているのだ。エネルギッシュさにリュクスなイメージが加わり、何人たりとも寄せ付けないオーラを放っている。

ビルは、金色の断熱材が貼られる前は、スゴいながらもなんだかちょっと照れくさい印象さえ受けた。だが、これだけ堂々と輝かれては、もう恥じらう必要も何もない。ただただ、ただただ立派なのである。

画像自体は10月に公開されたものだが、いまだに人々を驚かせている。なお、前回はエネルギッシュな側面のみがフィーチャーされたが、今回はビルの裏側の写真も公開されている。こちらも奇抜な形状で……スゴイ。

なお、設計者によると似たような形状のビルを南京を始めとする複数の都市のデザインコンペに応募したそうだ。しかし、結果は落選。だが捨てる神あれば拾う神あり。最終的に人民日報の本社ビルに採用されたのだという。設計者は「私たちは北京にいてラッキーでした。北京は開放的な都市といえます」と話しているそうだ。

参照元:新浪新聞網易女人(中国語)
執筆:沢井メグ

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング