鋼鉄のマッスルボディーに目が眩む! オーストラリアの消防士カレンダーの肉体美がヤバイ / ネットの声「これこそ私が欲していたもの!」

ロケットニュース24 / 2013年12月1日 21時0分

鋼鉄のマッスルボディーに目が眩む! オーストラリアの消防士カレンダーの肉体美がヤバイ / ネットの声「これこそ私が欲していたもの!」


消防士は人命を救うために日々の鍛錬を怠らない……そう、つまるところ、たくましい男たちが集う職業なのである! 

以前、ロケットニュース24では沖縄と台湾の消防士が、そのまぶしい肉体を披露したカレンダーを販売している件をお伝えしたが、マッスルボディーでカレンダーを作っているのは沖縄と台湾だけではない! オーストラリアの消防士もマッスル・カレンダーを販売していることが判明。その肉体美が素晴らしすぎて、世界中の筋肉大好きっ子たちを虜にしているのだ!

今回ご紹介するアツい男たちは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州のファイヤーメンだ! 公開されたマッスル兄貴の写真を見てみると……ま、まぶしいッ!!

輝く笑顔を見せる上半身ハダカの屈強な戦士たち。その大胸筋、上腕二等筋、僧帽筋に腹直筋……磨かれた玉(ぎょく)のように美しいッ! 腹斜筋のラインなんてもうたまんねぇええぇぇぇぇえ!! なぜ脱ぐ必要があるのかなんて考えちゃいけない、この情熱をそのまま享受すればいいのだ。なお、彼らのハガネのボディーがじっくり堪能できるカレンダーは10豪ドル(約930円)で絶賛発売中である。

このカレンダーに海外のネットユーザーは

「オーマイガーッ!!」
「これこそ私が欲していたもの!」
「子宮が火事になっちゃうッ!!」
「ちょっとオーストラリア行ってくる」
「これで胸毛があったら、もうメロメロだわ」

と、大興奮しているようだ。

彼らが大胆に脱いでいる理由、つまりカレンダーの制作目的、それは社会貢献だ。彼らは売り上げをウエストミード小児病院の火傷治療チームに寄付しているのだという。過去6年間で20万6000豪ドル(約1900万円)にものぼるのとこと。

ちなみに、沖縄の消防士カレンダー台湾の消防士カレンダーも、売り上げを寄付しているそうだ。なんと心優しき戦士たち! やはり、美しい肉体に美しい魂が宿っているのだ! というわけで、マッスルボディー大好きっ子は沖縄、台湾に続いてオーストラリアも要チェックだぜ!

参照元:NSW Firefighters Calendar、Facebook NSW Firefighters Calendar
執筆:沢井メグ
この記事の動画を見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング