砂を掘れば、水が流れ湖が沸く!? 砂+Kinect3Dカメラ+プロジェクターが生み出す超リアルな仮想世界

ロケットニュース24 / 2013年12月5日 6時0分

砂を掘れば、水が流れ湖が沸く!? 砂+Kinect3Dカメラ+プロジェクターが生み出す超リアルな仮想世界

これからみなさまにご覧いただくのは、コンピュータによって拡張された現実環境、すなわち、拡張現実(Augmented Reality、ARと略することもある)の世界。

本物の砂場とKinect3Dカメラ、プロジェクターで作られた、「拡張現実」砂場です。

海外サイト『Colossal』によると、この見事な映像作品を作り上げたのは、デザイナーのOliver Kreylos氏。今後各地の科学博物館などに展示すべく、NSF(米国国立科学財団)からの資金で企画・制作されたプロジェクトなのだそう。

本物の砂場の上部にKinect3Dとプロジェクターをセットし、それらが砂場の高低差を認識。その後、リアルタイムで等高線を出現させ、同時進行で砂場に水を流すこともできるという、拡張現実砂場。

砂場遊びをするかのごとく、スコップや手で砂を掻き分けると、すぐさま水が流れ、湖のようなものが浮かび上がる。突如出現したバーチャルリアリティー世界が、あなたの目を必ずや、釘づけにするに違いありません。

科学からゲームまで、様々な分野において幅広い可能性を持つであろう、同プロジェクト。否が応にも興味を引くそのビジュアルは、子供の教材としても好まれそうな予感がします。今が21世紀であることを改めて感じさせてくれる、非常に興味深い作品ですね。

寄稿:Pouch
参照元:Colosal(英文)

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング