【男のロマン】高級腕時計メーカー『タグ・ホイヤー』とモータースポーツの関わりが一発でわかるインフォグラフィックス

ロケットニュース24 / 2013年12月9日 15時0分

【男のロマン】高級腕時計メーカー『タグ・ホイヤー』とモータースポーツの関わりが一発でわかるインフォグラフィックス

タグ・ホイヤーといえば、スイスの高級腕時計メーカー。代表するコレクションの『カレラ』は男子憧れの逸品だが、そのタグ・ホイヤーは正確な時間計測が求められるレースの速度計測にも深くかかわっている。

F1、インディカーなどモータースポーツの公式タイムキーパー、さらにはフェラーリ、マクラーレン、アウディと世界有数のレーシングチームを支えてきたことはタグ・ホイヤーファンならきっと知っていることだが、その歴史が一発で分かるインフォグラフィックスがある。

インフォグラフィックスを見れば分かるとおりその歴史は古く、いまから150年以上も前に馬や犬のレース計測からスタートし、現在はFIAフォーミュラEチャンピオンシップの公式タイムキーパーとなっている。

2013年には『タグ・ホイヤー カレラ 1887 クロノグラフ 富士スピードウェイ限定モデル』も日本限定で発売された。裏面には富士山と太陽、富士スピードウェイのサーキットモチーフが刻印されておりこちらもメチャメチャカッコイイ。

モーターレースやクルマ文­化に貢献した功労者を表彰する、「ジャパン・モーター・レーシング・ホール・オブ・フェイム2013」もこの前開催され、俳優の唐沢寿明さんなどのビッグネームがゲストとして招かれたことも記憶に新しい。

ちなみに唐沢さんは多くのヴィンテージカーを所持しており、国内A級ライセンスも取得済み。レーサーとしても活躍されているそうだ。こんなカッコいい大人になりたいものですなぁ。

参考リンク:infogra.me

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング