【炎上】韓国芸能人が仕事に遅刻! 救急車を呼びタクシー代わりに / 非難され 「受験生もしている」と釈明

ロケットニュース24 / 2013年12月18日 9時0分

【炎上】韓国芸能人が仕事に遅刻! 救急車を呼びタクシー代わりに / 非難され 「受験生もしている」と釈明

突然命に関わる病気や事故に遭った時、病院までいち早く搬送してくれるのが救急車だ。サイレンを鳴らしながら病院へ急ぐ救急車に、道を譲ったことがある人もいるだろう。

そんな人命を救うための救急車を “遅刻” を理由に呼び、病院とは関係のない目的地まで運ばせるという出来事が韓国で発生。呼び出したのは韓国の女性芸人カン・ユミさんで、ツイッターで「救急車で移動中」とつぶやいていたことも判明。同国のインターネットユーザーから大ひんしゅくを買っている。

・「遅れたので救急車で移動しています」とツイート
カンさんは2013年12月7日、自身のツイッターに「釜山公演に遅れたので救急車というものに初めて乗って移動しているところ……。生きていれば、こんなこともある……」と書き込んだ。ツイッターには薬品が並ぶ棚を映した写真も添付されており、そこが救急車の中であることは一目瞭然だった。

救急車は緊急性がある病人や怪我人が運ぶためのものだ。“遅刻”を理由にタクシー代わりに利用するなんてもってのほかである。当然、ネットユーザーはこの行動を問題視し、さらにツイッターで救急車に乗って移動していることを自慢げに書き込んだことも「非常識」だとして非難した。

・所属事務所「受験生も利用している」
カンさんの所属事務所は13日、ネット上の非難を受けて「ミュージカル『ドリップガールズ』の釜山公演に遅れそうだったため、あれこれ方法を考えた末に、民間の救急車に乗ることにした」と釈明。さらに「反省し、自粛する」と反省の色を示したものの、「大学入試の時も、遅刻した学生がよく救急車を利用している。とても急いでいたので誤った判断をしてしまった」と説明した。

・非常識な釈明により再び炎上
事務所は一応、反省の弁を述べているものの、民間の救急車であることを強調したり、大学入試の例を挙げたりするなど、カンさんの行動を容認しているかのようだ。そのため騒動は収束するどころか、さらに炎上。ネット上には「非常識すぎる」、「なぜ受験生と比べるのか」、「民間施設の救急車に患者でない人が乗っていいの?」などの非難が殺到した。

・罰金の可能性
釜山消防安全本部によると、カンさんが利用した救急車は「119番」(消防機関への緊急通報用番号)ではなく、「114番」(電話案内)にかけて呼び出す民間の消防車だった。無料で乗れる通常の救急車とは異なり、10万ウォン(約9800円)の利用料金がかかるという。

とはいえ、救急車を緊急時ではない用途で使うことは許されない。釜山市は、カンさんを乗せた救急車が規範に違反したと判断した場合、15日間の業務停止を行う方針。また、カンさんにも、救急車利用の法律違反で200万ウォン(約19万円)が科せられる可能性があるという。

・韓国芸能人も救急車を“別の用途”で利用している?
実は韓国では、怪我や病気など本来の目的以外で救急車を利用する人がいるという。韓国MBCの報道番組「ニュースデスク」は14日、カンさんの騒動を伝えるニュースの中で、「映画俳優など一部の芸能人は、民間の救急車を別の用途で利用している」と芸能人の救急車利用を指摘した。

・受験シーズンは緊急車両がタクシー代わりに
また、特に多くなるのは受験シーズン。遅刻しそうな学生を救急車やパトカー、白バイが受験会場まで送り届けてくれるのである。ソウル地方警察庁は、今年の日本のセンター試験に相当する「大学修学能力試験」当日には、パトカー300台を含む緊急車両を計650台準備。これとは別に、ソウル市も受験生のために救急車140台、消防オートバイ168台を準備し、受験生が病人の場合は事前予約もできるようにした。

カンさんは、受験生やほかの芸能人が緊急車両に乗って遅刻を免れていることから、私も……とつい思ってしまったのかもしれない。だが、カンさんのような人が増えると、今度は道を譲らない人も増えてしまうだろう。救急車は緊急時のみ! 安易な利用はやめるべきだ。

執筆:レイチェル
参照元:ソウル新聞XPORTS NEWS聯合ニュース

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング