世界の奇妙な50の交通規則 「日曜日に黒い車を運転するのは違法」「ダンキンドーナツの前に車を止めたら罰金」など

ロケットニュース24 / 2013年12月24日 16時0分

世界の奇妙な50の交通規則 「日曜日に黒い車を運転するのは違法」「ダンキンドーナツの前に車を止めたら罰金」など

国際免許があれば、世界各国で運転できるので「交通規則はほとんど万国共通なのでは?」と思っている人が多いのではないだろうか。しかし世界ところ変われば様々な文化や習慣があるもので、そういうわけにはいかないのである。そこで、「世界の奇妙な50の交通規則」が選出されたので紹介したい。かなり意味不明のものもあるので、ぜひ楽しみながら読んで頂きたい。

1. 日本
雨の日、運転中に歩行者に水たまりの水を跳ねてしまったら、普通車なら6000円の罰金が科せられる。

2. フィリピン
最後の数字が1か2で終わるナンバープレートが付いている車を、月曜に運転してはいけない。

3. イギリス
イギリスでは、今でも貸し馬車は干し草俵と麦の袋を積まなければいけないという法律がある。

4. デンマーク
ドライバーは車を発進する前に、車の下に人がいないかチェックすること。

5. ロシア
泥だらけの汚い車に乗っていると、罰金を科せられる。

【アメリカ編】
6. アラバマ州その1
一方通行の道でも、車のフロントにランプがぶらさげてあれば逆走してもよい。

7. アラバマ州その2
運転中に、目隠しをして運転するのは交通違反。

8. アラスカ州
車のルーフに犬をくくりつけてはいけない。

9. アーカンソー州
夜の9時以降、冷たいドリンクとハンバーガーを出す場所では、クラクションを鳴らしてはならない。

10. カリフォルニア州その1
時速100キロの車から飛び降りたら罰せられる。

11. カリフォルニア州その2
誰も乗っていない車を、時速96キロ以上で走らせるのは規則違反。

12. カリフォルニア州その3
サンフランシスコでは、使用済み下着で車を拭いたり掃除してはいけない。

13. カリフォルニア州その4
パジャマやバスローブを着用した女性は、車を運転することを禁じられている。

14. カリフォルニア州その5
どんなに道が広くて寝転がったら気持ち良さそうでも、高速道路で寝ないこと。

15. カリフォルニア州その6
カリフォルニア州及びテネシー州では、車から動物を射撃してはいけない。しかし、それが鯨ならば問題ない。

16. カリフォルニア州その7
ロサンゼルス郊外にあるハモサビーチでは、車からマルガリータをこぼしてはいけない。

17. フロリダ州その1
パーキングメーターにゾウをつないだ場合も、メーターにお金を入れる必要がある。

18. フロリダ州その2
サラソタ市では、人をはねた場合の罰金はたったの78ドル(約8000円)。

19. ジョージア州
ジョージア州のマリエッタ市では、運転中に車とバスから唾を吐くのは違法だが、トラックなら良い。

20. イリノイ州
イリノイ州のエバンストン市では、火災時以外は、カーテンを開けたまま車内で衣服を着替えてはいけない。

21. マサチューセッツ州
車の後部座席にゴリラの乗せたら、違反切符を切られる。

22. ミネソタ州
アヒルを頭に乗せていたら、車でも徒歩でも州境を越えてはならない。

23. ネバダ州
高速道路でラクダに乗らないこと。

24. ミシガン州
車が故障したからといって、道の真ん中に座って新聞を読んではいけない。

25.オハイオ州その1
街の広場の周りを、100回以上続けてドライブしたら違反切符を切られる。

26. オハイオ州その2
精神錯乱状態でタクシーを呼んでしまっても、そのタクシーの屋根に登ろうとしてはいけない。

27. オクラホマ州
運転中に漫画を読むのは交通違反。

28. コロラド州
コロラド州とデンバー州では、日曜日に黒い車を運転するのは違法。

29. ケンタッキー州
ペットが車にイタズラしたら罰金を科せられる。

30. ジョージア州
運動場を車で走り抜けないこと。

31. ミズーリ州
他人の車のクラクションを鳴らしてはいけない。

32. コネチカット州
コネチカット州では、自転車のスピード出し過ぎにも寛容ではない。自転車で時速100キロ以上で走ったら、違反切符を切られる可能性がある。

33. メイン州
ダンキンドーナツの前に車を止めたら、罰金を科せられる。

34. ペンシルバニア州その1
夜中に田舎道を走る時は、1マイル(約1.6キロ)ごとに火せんを打ち上げて、家畜に注意を促す必要がある。

35. ペンシルバニア州その2
車中から馬を見張るなら、馬を脅かさないように草などで車にカバーをして、周りの景色に溶け込ませること。それでも馬が怖がっていたら、車を分解してパーツを隠さなければならない。

36. ルイジアナ州
ルイジアナ州のニューオーリンズ市とテネシー州のメンフィスで女性が運転する場合は、男性を助手席に乗せて、赤旗を掲げることが義務付けられている。

37. モンタナ州
見張りなしで、羊を車中に残すのは規則違反。

38. ニュージャージー州
警察に車を止められても、警察官に向かって眉をひそめたり渋い顔をしてはいけない。

39. ミネソタ州
ミネアポリス市のレイクストリートという道を、赤い車で走るのは法に反する。

40. シンガポール
歩行者から50メートル以上離れて、車を運転しなければらならい。

41. キプロス共和国
運転中は飲食は一切禁止されている。水もダメなのである。

42. ルクセンブルク大公国
どの車にもワイパーの装着が義務づけられている。フロントガラスがないタイプの車でも、ワイパーは装着しないといけない。

43. ドイツ
速度無制限で走れる有名なアウトバーンで、ガス欠になるのは法律違反。

44. スペインその1
ドライバーは、余分なメガネの携帯を義務づけられている。たとえ、すでにメガネ着用で運転していてでもである。

45. スペインその2
いくつかの街では、近所の家の住所が続き番号になっていない所は、車を道に停めておかないといけない。

46. スカンジナビア半島
デンマークやスウェーデンなどがあるスカンジナビア半島では、昼間でもライトを点灯しなければ規則違反になってしまう。

47. エストニア
車には、いつも輪止めを2つ携帯すること。

48. トルコ
安全対策を万全にするトルコでは、車に救急箱と消火器、三角表示版の積載を義務付けられている。

49. フランス
警察官に提出を求められて酒気検知器を携帯していなかったら、罰金11ユーロ(約3500円)を科せられる。

50. セルビア
どの車も、牽引バーと3メートルのロープを携帯しなければいけない。

日本で雨の日に、歩行者に水を跳ねたら罰金になるとは知らなかった。かなりツッコミどころ満載の交通規則だらけだが、海外で車を運転する時は、ちょっと気をつけてみてほしい。

参照元:Huffington Post(英文)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング