【靖国問題】人気漫画家が首相の靖国参拝を疑問視「言っちゃ悪いけどただのオカルト」「感謝は家でもできる」

ロケットニュース24 / 2014年1月12日 22時39分

【靖国問題】人気漫画家が首相の靖国参拝を疑問視「言っちゃ悪いけどただのオカルト」「感謝は家でもできる」

人気漫画家が自身の公式Twitter で、首相の靖国神社参拝を疑問視する声をあげている。「嫌がる人が大勢いるなら面倒だし行かなきゃいいんじゃないの?」や「言っちゃ悪いけどただのオカルト」と発言し、他の Twitterユーザーと議論している。

・首相の靖国参拝は日本にとってリスク
首相の靖国参拝を疑問視しているのは、ギャグ系漫画家のピョコタン先生。首相の靖国参拝は日本にとってリスクだと考えているようだ。以下は、ピョコタン先生の Twitterコメントである。

・ピョコタン先生の Twitterコメント(一部抜粋)
「首相の靖国参拝ってよくわかんないけど、嫌がる人が大勢いるなら面倒だし行かなきゃいいんじゃないの? どうしても行かなきゃ行けない理由があるの?」
「言っちゃ悪いけどただのオカルト。感謝も大事だけど国際問題のリスク考えたら全然オッズに合わない。感謝は家でもできる」(引用ここまで)

・皆さんはどうお思いだろうか?
首相の靖国参拝についてはネガティブな意見のピョコタン先生だが「感謝も大事」とも語っていることから、亡くなった人たちを敬う気持ちはあるようだ。首相の靖国参拝にはさまざまな意見があるが、皆さんはどうお思いだろうか?

参照元: Twitter / Pyocotan.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング