【死の準備】人気漫画家が自分の葬式で流すための歌を録音! 漫画家「葬式にぴったりの素晴らしい歌だ」

ロケットニュース24 / 2014年1月13日 18時0分

【死の準備】人気漫画家が自分の葬式で流すための歌を録音! 漫画家「葬式にぴったりの素晴らしい歌だ」

人気漫画家が自分の葬式で流すための歌を録音し、動画共有サイト『YouTube』で公開している。かなり良いデキの歌らしく、漫画家本人も「聞けば聞くほど葬式にぴったりの素晴らしい歌だ」と絶賛している。

・ピョコタン先生は非常に健康な状態
自分の葬式用の歌を録音したのは、漫画のピョコタン先生(36歳)。入手した情報によると、ピョコタン先生は非常に健康な状態であり、大きな病気を患っていない。それなのに、どうして30代のうちから自分の葬式用の歌を録音するのだろうか? 以下は、ピョコタン先生のコメントである。

・ピョコタン先生のコメント(一部抜粋)
「昭和の歌姫 島倉千代子さんが自分の葬式で生前に録音した歌を流したことに感銘を受けてぼくも自分の葬式で流す用の歌を事前に録音しておくことにしました。死ぬのは90歳くらいの予定。念のため早めに録っておきました」(引用ここまで)

・人間はいつ死ぬかわからない
どうやら、 島倉千代子さんに影響されて葬式の歌を録音したようである。しかし、よく考えれば人間はいつ死ぬかわからない。もしかすると、明日かもしれないし、来月かもしれないし、10年後、20年後、50年後、80年後かもしれない。そう考えると、30代で録音するのは間違いではないかもしれない!?

参照元: YouTube.

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング