【三十代女子の恋愛奮闘記】彼氏から浮気疑惑を抱かれた時の対処方法

ロケットニュース24 / 2014年1月16日 22時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】彼氏から浮気疑惑を抱かれた時の対処方法

以前、彼氏の浮気疑惑に対する意外な対処方法をお伝えしましたが、今回はその逆で、彼氏から浮気疑惑を抱かれた時の対処法を考えたいと思います。

・浮気できちゃう女性は魅力的!?
浮気をしている女性の皆さん! 羨ましいですね。世の中には、ひとりのオトコすらゲットできずに、わびしいシングルライフに甘んじているおひとりさま女性が、ごまんといるのに、あなたは彼氏のほかに情夫まで! あなたが何人も抱え込むから、おひとりさま女性にオトコが回ってこないのですよ。世のため人のためと思って、情夫はこっちに回してください。

と言いたいところですが、彼氏のほかに情夫を持つあなたは、きっと小悪魔のように魅力的なのでしょう。魅力的だからこそ、何人もの男性を寄せつけてしまうのでしょう。だからと言って、浮気を責められたときに、「私は小悪魔のように魅力的だから、他の男性に言い寄られちゃうのは仕方ないのよ」では角が立ちます。

・ひたすら謝る!
それよりも、ひたすら謝るという選択肢のほうが賢いですよ。私事で恐縮ですが、筆者行きつけのお店で、担当者さんの手違いで、注文した商品の到着が遅れたことがありました。そのとき担当者さんは、一切言い訳することなく、ひたすら謝罪するという姿勢を貫きました。わずかでも言い訳されたらイラッとしたのでしょうが、100パーセント非を認めるという形をとられると、不思議なことに、謝罪を受ける側は許す気になってしまうものなんですよね。

・女性というよりも人として……
もちろん、性格によっては「全面謝罪を受けても腹の虫がおさまらない」という人もいるでしょう。それでも、悪いことをしたのですから、謝るのは当たり前。これは、女性としてというよりも、人として当然のことです。きちんと謝ることで、「小悪魔なだけでなく、誠実さも持ち合わせているんだ!」と、彼氏の見る目も変わってくるはずですよ。

・金品で解決しようとしない!
筆者の女友達にも小悪魔がおりまして、同棲中の彼氏に浮気がバレたとき、「反省の証しとして、彼氏が欲しがっていた高級ライターを買おうと思う」と相談を受けたことがあります。彼氏の性格によっては喜ぶかもしれませんが、お詫びの品を負担に思われるケースもあるでしょう。

高級ライターに限らず、「私のケータイにGPS付けてください」とか、「1カ月わき毛を剃りません!」など、自らにペナルティを課すのはオススメできません。手書きの(二度と浮気はしないという内容の)誓約書も重いです。浮気した事実を浮き立たせてしまうことに繋がります。

・相手を責めるのはお門違い
自らにペナルティを課すどころか、彼氏を責める女性も存在します。「寂しい思いをさせたあなたが悪い!」と。寂 しい思いをさせられたのが事実でも、それを言葉に出すのはグッととこらえましょう。

「寂しい思いをさせてごめん」という言葉は、彼氏が自発的に発言してこそ 意味があります。小学生が、「勉強しなさい」と言われて「これからやろうと思っていたところだよ!」と反発するのと一緒で、「寂しい思いをさせないで!」 と言われると、「これからは気を付けようと思っていたところだよ!」と、彼氏の心に反発心が湧いてしまいます。

・最後に
浮気相手の情夫に関してですが、もしも浮気が露見した後に「ほとぼりが冷めたらまた会おう」だなんてセコい考えは捨てましょう。あなたにとって本当に大切な人は誰なのか、考えればわかるはずです。わかったら、情夫として関わっている男性はおひとりさま女性たちへ速やかに回してください。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト:Pyocotan Twitter

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング