【グルメ】目でも舌でも楽しめる! 料理のような手間をかけたシュークリームが堪能できる「ニコラシャール」

ロケットニュース24 / 2014年1月16日 12時0分

【グルメ】目でも舌でも楽しめる! 料理のような手間をかけたシュークリームが堪能できる「ニコラシャール」

バレンタインまで残すところ約1カ月。無駄に男性陣はそわそわしているのかもしれない。一方で女性陣は、頭を悩ませていることだろう。

去年と同じブランドチョコでは芸がないし、手作りも面倒臭い。そこでおすすめしたいのが、2014年にグランドオープンした、「料理のように手間をかけたスイーツ」をコンセプトに掲げるニコラシャール銀座本店のスイーツだ。ポップな見た目とユニークな素材を使った品々は、目でも舌でも楽しめる、スイーツ大好きな女子は要チェックのお店である!

・世界初のお店
お店は東京・銀座にある。高級チョコレート店が並ぶ「銀座ショコラストリート」の一角に、昨年12月中旬より試験的にオープンし、今年1月にグランドオープンしたばかりだ。しかもシェフのニコラシャール氏が世界で初めて構えたお店、つまり世界初出店のお店なのだ。

・料理のような手間をかけて
美食の町リヨン出身のニコラ氏は、フランスの家庭料理をベースにスイーツを作りたかったそうだ。その願いの通りに、料理のような手間をかけてお菓子を作っているのである。ここのメインはシュークリームと、2階のイートインスペースで提供される「リエジョア」と呼ばれるパフェだ。

・フランス料理でおなじみの食材をスイーツに
シュークリームもパフェもスイーツ店において、珍しいメニューではない。しかしここでは、たとえばパフェにバジルやエストラゴンを使用したり、パフェにバラを使ったりと、フランス料理で使われる食材を積極的に用いている。まさにコンセプト通り、ひと手間もふた手間もかけて、ほかでは味わえない味を創造している。

・控えめな甘さのパフェ
実際にお店で、ショコラのリエジョアを食べてみたところ、なるほどこれはただのパフェではなかった。見た目は、強烈な甘さを思わせるチョコレートてんこ盛りなのだが、その一つひとつの甘さは意外と控えめ。最上部にあるチョコレートのムースは柔らかな口当たりで、口に入れると余韻もなく溶けてなくなってしまう。その下に隠れているガトーショコラが、クッキリとした食感を主張しており、同じチョコレートとは思えないような相対する食べ応えを演出している。

・一品のなかに物語がある
食べ進めていくうちに、控えめな甘さに少々物足りない感覚を覚える。だが、下に行くと今度はそれまでの物足りなさを補うように、チョコレートアイスが登場する。それまでの大人しい甘味とは異なり、チョコアイスはしっかりと味を訴えかけてくる。それはまるで、静かなイントロで始まった曲が盛大にサビに突入するように、しっかりとした構成が組まれている。この一品に物語を感じたのである。

・スイーツ好きならペロリ
全体的に結構なボリュームがあるのだが、スイーツ好きな人であれば、ペロリと平らげてしまうかもしれない。男性には、後半ちょっと重たく感じる可能性もある。そういう方には、1階で販売されているシュークリームがおすすめだろう。2階でオーダーすることもできるので、ハーブを使ったシュークリームを試してみて頂きたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 ニコラシャール銀座本店
住所 東京都中央区銀座5-5-8 西五番街坂口ビル1F/2F
時間 11:00~21:00
休日 無休

Report: 佐藤英典
Photo: Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング