【注意喚起】三菱東京UFJ銀行を騙る不審メールに気をつけよう! 送信アドレスを偽装している可能性も

ロケットニュース24 / 2014年1月20日 16時0分

【注意喚起】三菱東京UFJ銀行を騙る不審メールに気をつけよう! 送信アドレスを偽装している可能性も

最近新たな不審メールが不特定多数に送信され、問題になっている。その不審メールは、三菱東京UFJ銀行をかたっており、ユーザーの個人情報を盗み取る可能性があり、同行は注意を呼びかけている。不審メールの内容は以下の通りだ。

・不審メールの内容

「2014年『三菱東京UFJ銀行』のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。以下のページより登録を続けてください」(不審メールより引用)

・そのほかの不審メールのパターン
同行によると、このほかに「システムアップグレード認証」、「ご本人確認」、「メールアドレスの確認」、「安全確認」という件名のメールが届くケースを公式ページで紹介している。このようなメールを受け取った際は、本文中のURLにアクセスしないように注意して頂きたい。

・同行を匂わすアドレスに注意
また気になるのは、送信アドレスだ。私(記者)の元に届いたメールには2パターンのアドレスが存在した。ひとつは「@yahoo.com.tw」というもの。こちらは見ただけで、同行が送信していないことがわかる。問題はもうひとつの方で、「@mufg」(「mufg」は三菱UFJフィナンシャル・グループを意味している)を偽装しているアドレスからもメールが届いた。幸い本文にデタラメな文字列が並んでいたので、速やかにメールを削除した。

同行を利用している人は、念のため公式ページのおしらせを確認した方が良いだろう。そのうえで、不審メールが届いたときにはおしらせを参考にして、そのメールを削除した方が良いだろう。

参考リンク: 三菱東京UFJ銀行

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング