【衝撃野球動画】鳥肌注意!ぐうの音も出ないほどカッコいいレッドソックス・上原浩治投手の入場シーン!!

ロケットニュース24 / 2014年1月21日 19時0分

日本では楽天の日本一、アメリカではレッドソックス・上原浩治投手が胴上げ投手となった時からもうすぐ3カ月が経とうとしている。早く野球が始まらないかなぁ……そう思っている野球ファンは多いことだろう。

そこで今回は、2月のキャンプイン前に見るだけで野球の熱気を思い出す動画をご紹介したい。ズバリ、上原投手の入場シーンなのだが、これがまたハンパなくカッコよくて鳥肌ものだぞ!

・上原投手とは
1975年4月3日生まれの38歳。2009年、読売ジャイアンツからメジャーリーグへ移籍し、オリオールズ → レンジャーズ → レッドソックスと渡り歩いている。怪我に苦しめられることが多いプロ生活だが、現在は徹底した身体のケアでメジャーの厳しいシーズンを乗り越え、結果を残し続けている。

座右の銘である「雑草魂」で何度も這い上がり、ついには強豪球団であるレッドソックスのクローザーを務めるまでになった上原投手。昨季の37人連続アウト記録、ワールドシリーズで胴上げ投手となり、チームを世界一に導く原動力となった活躍を今でも思い出す人も多いのではないだろうか。

・カッコよすぎる上原投手の入場
そんな上原投手の入場シーンなのだが、今では登場するだけで観客が沸き、ぐうの音も出ないほどカッコいいのだ。ブルペンで最後の一球を投げ終えると、入場曲『Sandstorm』がかかり、「KOJI」コールと共に球場の雰囲気は最高潮になる。

上原投手がグラウンド前で軽く跳ねてから入場すると、観客は総立ちで期待の歓声と手拍子で迎える。球場全体から押し寄せる熱気は、投手にとってこれ以上ない環境を作り出すぞ。そしてマウンドへ向かう姿は「カッコいい」という言葉以外見つからない!

・入場曲について
『Sandstorm』は、元阪神タイガース・金本知憲氏、総合格闘家のヴァンダレイ・シウバ選手が入場曲で使用していたことでも有名な楽曲だ。ちなみに上原投手は、巨人時代には主に『PRIDEのテーマ』を使用、メジャー初期も同曲で入場していた。

今季、上原投手は39歳を迎えるが、メジャーに渡ってからも成長し続けているところを見ると、さらなる飛躍を期待せずにはいられない。彼の活躍を見ることのできる野球シーズンの到来はもうすぐそこだ。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング