すっぴん顔から大変身! リアルタイムでフォトショップで過剰修整されていくミュージックビデオが大反響

ロケットニュース24 / 2014年1月28日 10時0分

すっぴん顔から大変身! リアルタイムでフォトショップで過剰修整されていくミュージックビデオが大反響

最近、雑誌や広告に掲載されている写真は、フォトショップで修整され過ぎてCGの世界になってしまっている。そんな業界の動向を皮肉るかのように、ある歌手が、フォトショップによって自分の姿が修整されていく様子をミュージックビデオとしてリリースし、大反響を呼んでいる。動画のタイトルは「BOGGIE: NOUVEAU PARFUM」だ!

・エンタメ業界の風潮を冷笑
自分の姿がフォトショップによって変貌していくミュージックビデオを発表したのは、ハンガリー出身の歌手ボギーさんだ。フランス語で歌われる「Nouveau Parfum」は、美に執着し過ぎる現代の風潮を批判する内容で、歌詞にはプラダやシャネル、アルマーニなど有名ブランドの名前も登場する。

「私は商品じゃない。見せかけの美は私の本質を変えられない」と歌うボギーさんは、女性にありのままの自分でいてほしい、とのメッセージを歌に込めている。

・すっぴん顔から大変身
問題のビデオは、ボギーさんのすっぴん顔から始まる。疲れた表情にスタイリングされていない髪が、フォトショップによって次々に手が加えられ、たった数分でゴージャス美女に大変身してしまうのだ。修整された点は以下の通りである。

「肌のトーンを明るくし、キメを整える」
「歯の黄ばみを消して真っ白に」
「目を大きくして色を修整」
「髪の色とヘアスタイルを変更」
「顔の輪郭を修整」
「唇をふっくらとセクシーに、色もきれいなピンク色に」
「セクシーな目元になるようアイメイクを追加」

・行き過ぎた写真修整に懸念の声
このほか昨年には、普通の容姿の女性が、グラマーモデルに大変身するビデオもネットで大きな話題となった。こういった非現実的な広告写真の数々が、若い女性に間違った美的価値観を植えつけることを懸念し、規制を加えるべきとの声も上がっている。

ハリウッド女優がモデルを務めたコスメブランドの広告写真が、エアブラシ修整が過ぎるとして掲載禁止になったこともある。あまりに原型とかけ離れ過ぎていると、広告基準規約に違反しかない。やはり “何事もほどほどに” が大事なのではないだろうか。

参照元:YouTubeMail Online(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング