【ナターシャ通信】ウクライナ人女性が日本人男性と付き合って『不満に思う』5つのこと

ロケットニュース24 / 2014年1月28日 11時0分

【ナターシャ通信】ウクライナ人女性が日本人男性と付き合って『不満に思う』5つのこと

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むナターシャがお届けするコラム。ユニークな日本語はナターシャの個性としてご理解いただければ幸いです。

皆さん、「ドーブロホ・ドニャ!」(ウクライナ語で「こんにちは」という意味)。一週間前に日本から帰ってきました! 日本滞在中、5年ぶりに3人のウクライナ人女性の友達と会いました♪ 彼女たちのうち2人は日本人男性と結婚して、もう1人は日本人男性と付き合っています。いろんな話が出来て楽しかったです。ひとつの話題として、「日本人の男性と付き合ってみて、どう!?」というオモロイ話が出てきたので、皆さんにも紹介したいのです。

・日本人と結婚して幸せ!
3人とも「日本人と付き合ってから、後悔したことがない。とても幸せだよ!」とこたえました。「けど、時々不満に思うことがいくつかある!」と皆が声をそろえて言いました。それでは、ウクライナ人女性が日本人の男性と付き合って、不満に思う点はこちらです。

・不満その1 「あまり自分の気持ちを皆の前でみせない」
ウクライナでは、カップルが付き合うときにいつも手をつないだり、皆の前でキッスをしたりします。レストランで食事を食べるときでも、くっつけた感じに座っています。つまり周りの人たちがすぐに「あの2人はカップルだ」ということが分かります。友達や親戚の前でも同じです。

けれども、日本ではちょっと違います。ウクライナ人女性から見ると、日本人男性が人前でつめたい! という感じがします。たとえば友達や親戚の前で、あまり彼女に対して自分の愛情を見せないので、いつもそれに慣れていないウクライナ人女性は、「あ、彼が冷たい! 私のこと好きじゃない!」と考えてしまいます。

・不満その2 「1週間に電話1回だけ!? 冗談でしょう!」
日本人男性と交際中の女性が、今一番不満に思うことは、彼が1週間に1回しか電話しくれない!! ということです。もしもウクライナの人たちがそれを聞いたら、めっちゃびっくりします。なぜかというと、ウクライナでは付き合うとお互いに最低1日3回ぐらい電話します。なので、もしもウクライナの女性と付き合いたい男性は、絶対いっぱい電話してあげてください。

・不満その3 「全然ジェントルマンじゃない!」
3人とも声をそろえて、「不満と思うことは……、彼が『レディファースト』な行動を絶対しない! タクシーを降りるときとか、レストランを出るときとか、全然『ジェントルマン』じゃない! それだけ直してほしいのにな~」と笑いました。

・不満その4 「花がたくさんほしいのです!」
日本人男性と結婚している1人の女性は、結婚から5カ月目のこと、離婚を考えたことがあります! 理由は花でした。つまり、彼女が自分の誕生日のときに花をもらえず、2月のバレンタインのときにも花をもらえず、我慢しつつながら、最後に3月8日(国際女性デー)のときにも花をもらわなかったときに爆発してしまいました! 実は、ウクライナでは男性がいつも花をくれるのです。デートや誕生日や普通の日のときでもよく立派な花束をプレゼントします。

・不満その5 「旦那が働きすぎ」
結婚しているウクライナ人の女性が一番不満に思うことは、「旦那が働きすぎて、朝早く仕事へ行って、夜めっちゃ遅くまで帰らない。土曜日のときでも仕事! なので私と子供とあまり会わないのよ。長い休みもなかなかとれないので、どこか外国へ遊びにいけないし……」ということです。たしかにウクライナで「日本人のイメージは何?」と聞かれると、一番最初に「日本人は皆が一所懸命働いている。ワーカホリックだ」と全員が答えます。

ウクライナではだいたい9時から19時まで仕事で、土曜日と日曜日は休みで、1年に2週間の休みも取れるので、その時は家族と一緒に海や、外国へ遊びに行くのは普通です。

・3人から話を聞いた結論
1. 彼女に一日何回も電話する
2. 花をいっぱいあげる
3. 1日に何回も「あなたのことが大好きだ」と言ってあげる

ウクライナ人の女性と付き合いたい男性は、これをやればきっとうまくいくと思いますよ!

執筆: ナターシャ
Photo: Rocketews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング