臓器の動きを電力に変える研究が進行中 / 心臓の鼓動を利用してスマホを充電できるかも!!

ロケットニュース24 / 2014年1月31日 20時0分

臓器の動きを電力に変える研究が進行中 / 心臓の鼓動を利用してスマホを充電できるかも!!

スマホやタブレットは便利だが、出先で使っているとバッテリーの減りが気にならないだろうか。「いつでもどこでも簡単に充電できればいいのに……」と思っている人に朗報だ。ある研究チームが、臓器の動きを電力に変える研究を進めているとのことで、自分の心臓の鼓動でスマホを充電できる日が来るかもしれないのだ!

・臓器の動きをエネルギーに転化
心臓、肺、横隔膜などの臓器の絶え間ない動き利用して、エネルギーを作り出す研究を進めているのは、アメリカと中国の合同研究チームだ。

彼らが開発中の埋め込み型バッテリーは、生体適合性プラスチックケースに納められたチタン酸ジルコン酸鉛製の圧電装置で、整流器(交流電力を直流電力に変換する電力変換装置)と再充電電池も納められている。

・牛の心臓に移植して電力を得ることに成功
そんな埋込み型のバッテリーを牛の心臓に移植したところ、心臓ピースメーカーの作動に必要な電力を得ることに成功! またバッテリーを2つ取り付け、出力を2倍にする実験も成果を得たとのことだ。心臓の鼓動で電力を作り出すなんてスゴイ!

・すでに実用的に使用できるレベルの段階
ちなみに研究チームは「心拍数モニターやペースメーカー、心臓除細動器などの作動には電気が必要。もし自分の臓器の鼓動から得られる電力を、これらの生体医療機器や新しいタイプの機器に使用できれば効果的です。我々の研究は、すでに実用的に使用できるレベルの段階に達しています」と語っている。

・携帯電話の充電にも使えるようになるかも
も、もうすでに実用レベル! その言葉だけでも驚きなのに、同チームはさらに……「もしかしたら、携帯電話の充電にも使えるようになるかもしれません」と、将来的には様々な装置の充電に使用できるようにしたいと意気込みを語っている。心臓の鼓動でスマホ充電! なんという未来!!

太陽光発電や風力発電など、自然から得られるエネルギーを利用することほど合理的なことはない。自分の臓器から得られるエネルギーを利用できれば、まさに「生命の環」を実感できるのではないだろうか。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング