売却された鳩山元首相の事務所の外観がヤバイ! 独創的すぎると話題 / ネットの声「ネタとかコラじゃないんだ…」

ロケットニュース24 / 2014年1月31日 15時0分

売却された鳩山元首相の事務所の外観がヤバイ! 独創的すぎると話題 / ネットの声「ネタとかコラじゃないんだ…」

第93代内閣総理大臣を務めた政治家の鳩山由紀夫氏。2013年に「友紀夫」に改名した点からもわかるように、彼のポリシーは「友愛」であるという。

そんな鳩山元首相の事務所が売却されたことが判明して大きな話題になっている。ひとりの政治家の事務所の売却ニュースがなぜこんなに注目を集めているのかというと、その外観がスゴすぎるから!! 国民を驚愕させたデザインとは、ズバリ、外壁いっぱいに描かれた「鳩×ハート×LOVE×友愛」のデザインだ。

アニメ風に可愛らしく描かれた鳩、そして「友愛」の文字を見れば、誰でもこれが鳩山氏の関係施設であることがわかるだろう。とてもわかりやすい。その一方で、外壁に「LOVE」や真っ赤なハートを描くセンス。これは夫人の幸さんの案であるという。脳にガツンとくる非常に斬新なデザイン。なかなかできることではない。

この奇抜にして個性的、狂気を感じるほどの独創性を備えた選挙事務所は以前から北海道のJR苫小牧駅のそばに存在していた。一部では「友愛事務所」や「ポッポハウス」などと呼ばれていたようだが、全国区で報じられることが少なかったため、初めて知ったネットユーザーも多いようである。以下が、ネットユーザーの声だ。

「( ゚д゚)」
「こりゃ怖いな…」
「夢に出そう」
「友愛ハウスWWWW」
「クッソワロタwwwwこれはアカンwwwwww」
「なんだこのマジキチハウス(´д`; 」
「斬新なデザインですね」
「ネタとかコラじゃないんだ…」
「これ買う人いるの?」

あまりのことに「本当に実在するのか」という声もあったが、Googleストリートビューで確認したところ、苫小牧駅前に確かに存在していた。

なお、Yomiuri Online によると、この建物は2013年11月に苫小牧市内の個人に売却済であるそうだ。建物自体は残るが、外装は変更する予定であるとのことである。

参照元:Yomiuri OnlineGoogle Map

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング