【グルメ】ラーメン屋『ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ』に行ってみた

ロケットニュース24 / 2014年2月5日 19時1分

【グルメ】ラーメン屋『ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ』に行ってみた

デカ盛りラーメンが堪能できるラーメン屋『ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ』がオープンしたという。単なるデカ盛りラーメンではなく、ラーメンの具として店主自慢の「おいなりさん」が入っているとのこと。実際に行ってみた。

・コロコロと改名することで有名
横浜市の日吉にオープンした『ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ』。ラーメンコンサルタントの渡辺樹庵さんが関係しているお店との噂もあるが、詳細は不明。もともと別のラーメン屋だったが、コロコロと改名することで有名らしく、日吉に住んでいる人気漫画家によると「また変ったかという感じ」とのこと。

・野菜やニンニクや脂などを増量できる
筆者(私)は14~15時あたりにお店に到着。行列はないものの、コンスタントにお客さんが入ってくる。お店がイチオシしているラーメンは『私のおいなりさんラーメン』だが、店長の気まぐれで出したり出さなかったりしているらしく、この日は販売していなかった。店主のおいなりさんを食べてみたかった!! 仕方ないので『味玉ラーメン並』を注文。店主のおいなりさんは入っていないものの、野菜やニンニクや脂などを増量(トッピング)できる。

・「頑張っている感」が出ていて好感
店員は2名で、どちらも若い女子。ニコニコとしながら笑顔で調理をしていた。調理にまだ慣れていないようだったが「頑張っている感」が出ていて好感がもてる。「今日はおいなりさんがないんですね」と聞くと「ええっ!? はい♪ そ、そうなんです(照)」という感じで、申し訳なさそうに照れながら返答。なぜ照れる?

・美味しそうなデカ盛りラーメンが現れた!
野菜マシマシとトッピング全部入りを注文して待つこと数分。目の前に美味しそうなデカ盛りラーメンが現れた! デカ盛りで有名な『ラーメン二郎』と同系統である。最初に野菜を食べようと思ったが、どんな麺を使っているのか気になって、野菜を押しのけて麺を持ち上げる。

・麺から広がる小麦のウマミがディープ
な、な、なんだこれはッ!! 超極太でゴツゴツ! そして恐ろしいほどの弾力性があり、そう簡単には崩壊しないモンスターのような麺。実際に食べてみると、見た目以上に屈強な麺であることがわかる。口の中で縦横無尽に暴れまくり「台風のような食感」を楽しませてくれる。奇抜なだけでなく、麺から広がる小麦のウマミがディープなのも良かった。ちなみに、ニンニクと脂と「濃い味」は入れ忘れたようだ。

・だがそれがイイ!
だがスープはどうだろうか? ダシのウマミが極めて薄く、深みがないのである。それなのに塩気だけは強く薄っぺらい。だがそれがイイ! この麺には、このスープでなくてはならない。あまりにも荒削りで深みのないスープは、逆にいえば「ストレートすぎる味」ということ。ストレートに濃くてガツンとくる塩分が、豪快な麺のウマミを増幅させているのである! つまり、この麺だからこそ「このスープ」なのだ!

・麺とスープだけのラーメンを出せばベスト
スープ単体で評価されればアウト。だがスープと麺の組み合わせで評価すれば合格点だ。ラーメンはすべてが完璧である必要がないのである。このラーメンはスープと麺だけで完成されているので、野菜やチャーシュー、味玉、その他のトッピングはいらないともいえる。シンプルに、麺とスープだけのラーメンを出せばベストといえるかもしれない。

・店主のおいなりさんはどんな味
残念ながら、今回は『私のおいなりさんラーメン』を食べられなかった。たまにしか食べられないのもお店の戦略か? 店主のおいなりさん、いったいどんな味なのだろうか? 非常に気になるので「自分のおいなりさん」を持参してでも試してみたいが、店主のおいなりさんを食べられる日を夢見て待ちたいと思う。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 ガッツリラーメン それは私のおいなりさんだ
住所 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-6
時間 11:00~24:00
休日 無休(要確認)

Report: Kuzo.
Photo: RocketNews24.

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング