【感動】吹雪の中を約10km も歩いて患者の元へ向かい手術を施した医師が話題

ロケットニュース24 / 2014年2月6日 14時0分

【感動】吹雪の中を約10km も歩いて患者の元へ向かい手術を施した医師が話題

現在、1人の医師の行動が、世界中で絶賛されている。彼は、吹雪の中を10km も歩いて患者の元へ向かい、手術を施して患者の命を救ったというのだ。医師の姿は、YouTubeの動画で確認できるぞ。

アメリカ・アラバマ州、バーミングハム市の病院に勤める脳外科医、ヘレンキュー氏。ある朝、彼は、同じ市内にある別の病院の看護師長、スティーブ氏から1本の電話を受け取った。「緊急手術が必要なため、応援に来てほしい」という。

・最悪な交通状況
しかし、その時、アラバマ州を吹雪が襲っていたのだ。ヘレンキュー氏は、すぐに車に飛び乗ったものの、交通状況は最悪。彼の乗っている車は、渋滞で中々前に進まない。

・吹雪の中を歩くことに
さらに最悪なことに、携帯電話の電波状況もひどかったという。看護師長のスティーブ氏は、ヘレンキュー氏と何とか連絡を取り合っていたものの、声が途切れ途切れに聞こえる状態で、意思の疎通が満足にできない。何とか電話が繋がっている時、スティーブ氏は、何とか聞き取れた外科医のあるひと言に驚かされる。「歩いて行く」というのだ。

「吹雪の中を歩いて来るなんて危険」と考えたスティーブ氏は、すぐに警察に連絡。「もし、ヘレンキュー氏の姿を見つけたら、病院に連れて来てくれるように」と依頼したらしい。

・医師から連絡が!
およそ5時間後、気を揉んでいたであろう看護師長の携帯が、再び鳴った。ヘレンキュー氏からだった。「今、ドアの所にいる、患者はどこだ?」

なんと、ヘレンキュー氏は、吹雪の中をおよそ10km も歩き続け、自力で病院にたどり着いたのだ。

彼は、そのまま患者の手術を担当。患者の命を救うことに。「もし、手術を受けていなければ、おそらく患者は命を落としていたでしょう」。看護師長のスティーブ氏は、そう語る。

ちなみに、手術の前、スティーブ氏が思わず「あなたはいい人だ」と声をかけたという。それに対して、ヘレンキュー氏は「私はただ自分の仕事をしているだけだ」と返したらしい。あまりに格好よくて、言葉が出ない。

参照元:YouTube HuffingtonPostnews.com(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング