【衝撃サッカー動画】ハプニング発生で斬新すぎる対処をする副審

ロケットニュース24 / 2014年2月8日 10時0分

【衝撃サッカー動画】ハプニング発生で斬新すぎる対処をする副審

スポーツの試合において、審判は常に冷静に試合を裁くことが求められる。主審であれ副審であれ、いかなる状況であっても決して慌てず、冷静沈着に対応しなければならない。

ということで、今回はハプニングを冷静に対処した審判を動画「Funny Lines man Have no flag in Steaua – Lokomotiv Plovdiv Friendly match」と合わせてご紹介するぞ。その立ち振る舞いにも注目していただきたい。

・舞台は欧州サッカー
噂の審判が登場したのは、FCステアウア・ブカレスト vs PFCロコモティフ・プロブディフの試合だ。フレンドリーマッチで行なわれたこの試合だが、副審のハプニングへの対処がとにかく “斬新すぎる” のである。

・フラッグに注目
一見、普通の副審にしか見えない彼だが、よーく見ていただきたい。ビシッとオフサイドの判定を下すシーンだ。そう! 彼の持っている「フラッグ」がなんだかおかしいのである!

・驚きの代用
フラッグの先にあるのはなんとビブス。フラッグが壊れ、とっさの処置だったのだろうが、驚きの代用術である。そして決して動じず、何事もなかったかのように立ち振る舞う姿は「ピンチはチャンス」ばりの光景だ!

とはいえ、やっぱりフラッグの先っぽがなんだか情けない感じもする……。試合の妨げにならず、進行できているので問題ないのであろうが、あまりに斬新すぎるフラッグであった。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング