現代カップルの平均交際期間はたったの2年9カ月 「ソーシャルメディアが破局の大きな原因」との調査結果

ロケットニュース24 / 2014年2月9日 15時0分

現代カップルの平均交際期間はたったの2年9カ月 「ソーシャルメディアが破局の大きな原因」との調査結果

ひと昔前は「7年目の浮気」とよく言われ、カップルの仲が危うくなるのは7年目ぐらいからと思われていたが、どうやら現代において、それは当てはまらないようだ。ある調査により、カップルの平均交際期間はたった2年9カ月で、その原因にソーシャルメディアが大きく関係していることが判明、話題となっているのである。

・カップルの平均交際期間は2年9カ月
英ウェブサイト「VoucherCodesPro」が、過去2年以内に離婚や恋人との破局を経験した1953人の成人男女を対象に、交際期間と破局原因についてアンケート調査を行った。

回答者の破局前の交際状況は、「結婚24パーセント、同棲41パーセント、同居しない交際35パーセント」という内訳である。その結果、カップルの平均交際期間は2年9カ月であることが判明し、元パートナーと子供をもうけた人は誰もいなかった。

・ソーシャルメディアが破局の大きな原因
そして回答者と元パートナーのどちらもが、破局前に Facebook や Twitter、画像共有サイトの Instagram などのソーシャルメディアを多用していることも明らかとなった。その4割近くが、実際のところ元パートナーともソーシャルメディアで出会ったと認めている。

破局の原因として、半数以上がソーシャルメディアのせいで交際がこじれ、4割近くが、元恋人がSNS上で浮気心をチラつかせたり、新しい相手と出会ったことを理由に挙げている。

・ソーシャルメディアは交際のトラブルに
しかし、SNSを通じて実際に交際を始めた人の2割近くが、相手をよく知らないままソーシャルメディア上のイメージだけで付き合い始めてしまったと回答。また交際相手のSNSに費やす時間が長く、会話が少ないと不平をもらし、幸せそうな他のカップルの投稿をSNSで見ると、自分たちの恋愛に不満を感じてしまうとも答えている。

Facebookで、自分の恋人が新しく “友達” になった異性は誰なのだとか、恋人の投稿に毎回「いいね!」を押す異性が気になったりだとか、SNSに関する恋愛トラブルはよく耳にする。うまく恋人と交際を続けていくためには、まずSNSとの付き合い方を考え直した方が良いかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング