【あるある】家にある真っ先に捨てるべき37のモノたち「期限切れのクーポン」「もう見ないVHSやカセットテープ」

ロケットニュース24 / 2014年2月12日 18時0分

【あるある】家にある真っ先に捨てるべき37のモノたち「期限切れのクーポン」「もう見ないVHSやカセットテープ」

2月も中旬にさしかかり、年末の大掃除で片付いた家も気付けば散らかり始めてる人はいないだろうか? すぐに散らかってしまう原因は、家の中にいらないものが溢れかえっているからだろう。

片付け術として「断捨離」(だんしゃり)という言葉が流行ったように、不要なものは捨てないと快適な生活は送れないのだ! 「でも、何から捨てたらいいかわからないってばよ」とボヤいちゃう人のために、海外サイトに取り上げられていた「家にある真っ先に捨てるべき37のモノたち」を紹介したい。あなたの家には不要なものがどれだけ眠っているだろうか?

「家にある真っ先に捨てるべき37のモノたち」
カーディガンについてきた予備のボタン
大学時代から持ってる染みのついたTシャツ
バスマットに使用しているボロボロのタオル
年賀状
シンクの下に保管してある無数のビニール袋
冷蔵庫や冷凍庫に入ってあるアルミホイルに包まれた「もう思い出せない何か」
2013年のカレンダー
おまけでついてきたグラスやマグカップ
昔行った思い出の映画や旅行で使った電車のチケットの半券
財布に入っているレシート
何ヶ月間もさわっていない雑誌
期限切れのクーポン
住所を覚えておくためだけに保管してある封筒や手紙
途中まで達成した「やらなきゃいけないことリスト」
出席しなかったイベントの招待状
親の家からなんとなく持ってきたモノ
もう少しでなくなりそうな冷凍庫のアイス
もう卒業してしまった趣味で使っていたモノ
何回か書き記しただけのノート
古い教科書
人生を変えてくれなかった自己啓発書の本
もう見る事のないVHSやカセットテープ
印刷してとりあえず作ってみたけどそんなに美味しくなかったレシピ
有効期限の切れた薬
インクの出ないペン
もつれてしまい、ほどくのがめんどくさい安いアクセサリー
ふたがどこかにいってしまったプラスチック容器
空のコーヒー缶
古い電池
明らかにもう見る必要のない取扱説明書
残りちょっとのお酒のボトル
あけてから何カ月も経つ紅茶
結婚式の引き出物
繋がれていないケーブルや線
二度といかないお店の割引券やスタンプカード
出前で多めに届けられたお箸
弁当についてくるしょうゆ、ケチャップ、マスタードなどの小袋

以上である! 

今、家の中にあるものを思い出して、ハッした人もいるのではないだろうか? どれも「あるある」と共感できるものばかり。どうやら家の中のいらないものは国境をこえても一緒であるようだ。

参照元:Huffington Post (英語)
執筆: ユーニーマン
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング