【島根じゃないほう】キミは鳥取県にいる謎キャラ『ネギマン』を知っているか? 「ヒーローではない」「ネギなので何を考えているか不明」

ロケットニュース24 / 2014年2月13日 10時0分

【島根じゃないほう】キミは鳥取県にいる謎キャラ『ネギマン』を知っているか? 「ヒーローではない」「ネギなので何を考えているか不明」

山陰地方の玄関「鳥取県」と言えば砂丘があり、ラッキョウが有名であり、47都道府県のうち唯一スターバックスがない県としても知られている。字面が似ているせいか、隣の島根県と混同されることも多い。

そんな鳥取県米子市に『ネギマン』というキャラがいるのをご存知だろうか? 今流行りのゆるキャラだと思ったら大間違い! 1ミリたりもゆるくはない!! エヴァンゲリオン制作のガイナックスが本気の特撮映画を作るほどのガチっぷりなのだ!

・鳥取県米子の『ネギマン』
説明しよう! 米子市は鳥取県西部に位置し、北は『鬼太郎』で有名な境港市に、西は島根県安来市に接している。同じ県内なのに砂丘がある鳥取市から絶望的に遠い。しかし、現地で食べられる松葉ガニは絶品。あと白ネギが有名である。そんな米子にネギマンが現れたというのだ。

・ネギなので何を考えているかわからない
ネギマンのプロフィールは以下の通り。

ネギマンは鳥取県西部の弓ヶ浜半島に突如として出現した巨大な白ネギです。まるでヒーローと勘違いされそうな姿ですが、なにしろネギですから何を考えているかは今のところ理解不能で、人類との意思疎通は難しいと考えられます。(公式サイトより引用)

米子市の映画祭「米子映画事変」のキャラとして誕生したそうだが、ネギなので何を考えているかわからないとか、人類と意思疎通が難しいとか果てしなく意味がわからないキャラである。だがしかし……!!

・特撮映画がガチすぎて震えが止まらない(笑)
このネギマンが特撮映像化しているのだ。本編はYouTube「『ネギマン』第1話~4話」で確認できるが、制作はエヴァンゲリオンで知られるガイナックス! 監督は赤井孝美氏、そしてスーツはヒーローフィギュアの大御所とも言われる造型師の三枝徹氏が担当。

ワンダーフェスティバル2014[冬]では、実際に撮影に使われた模型も展示されていたのだが、信じられないほどのクオリティだ。ガチすぎて震えが止まらない……! 「何しろネギ」なのに!!

・敵(?)は島根県だった
ちなみにネギマンが戦う相手は島根県松江の「マツエ・ジョー」だ。詳しくは映像で確認してほしいが、ただでさえ鳥取と島根はライバル関係だというのに、これでは完全に喧嘩を売っている気が……なお、松江出身の記者にネギマンについて聞いてみたところ、目もあわせずに「別に?」と言われてしまった。違う意味でも震えが止まらないのだが……。

なお、『ネギマン』の本編はYouTubeに公開されいるが、大幅にブラッシュアップしたものがDVDとして発売したという。ワンフェスブースで聞いてみたところ「全然違うものになっています」とのことだったので、ネギマンが気になった人は両方チェックしてみるといいだろう!

参考リンク: ネギマン公式サイト
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング