料理好きの嬉しい味方! 「まな板」がワンタッチで「ボウル」にトランスフォーム!!

ロケットニュース24 / 2014年2月15日 6時0分

料理好きの嬉しい味方! 「まな板」がワンタッチで「ボウル」にトランスフォーム!!

料理をしていて必ずや直面する問題、それが、「洗いもの問題」です。

まな板はまあ仕方ないとして、切った材料を一時的に置いておくためのボウル、これらを使用することで、自ずと洗いものが増える。つまり仕事が増えるわけですよ。なんてことない手間ではあるけれど、なんてことないからこそ、省きたい手間でもあるわけで。

本日みなさまにご紹介するのは、海外サイト『Yanko Design』に掲載されていた、そんな手間を省くことができる、とっても効率的な立体まな板『Boardbowl』。

プロダクトデザインを数多く手がけるデザイン会社『 Product Tank』が製作したというこちらのまな板、なんとまな板であると同時に、ボウルの役割をも果たしてくれるのっ。

いつものように野菜をカットしたら、ワンタッチでかたちを変えて、そのままボウルに。そうすれば洗いものをひとつ減らすことができますし、「ちりとり」を思わせるその形状のおかげで、切った野菜を鍋に移すのもラックラク。使用しないときは平らに、つまりまな板の状態にしておけば、収納場所にも困りません。んまあ、なんて優秀なのかしら!

ちなみに『Product Tank』、同アイテムの持つ仕組みを応用して、そっくりなフォルムの台車も製作しているみたい。物を運ぶ時はワンタッチで立体に、使用しないときには折り畳んで真っ平らにしてコンパクトに。ふむふむ、このアイデア、まだまだ色々なものに応用することができそうですねぇ。

残念ながら、現段階ではプロトタイプでしかないという同アイテム。ですが、今後の商品化を大いに期待したい、機能性・ビジュアル共に非常に優れた逸品ですね。

寄稿:Pouch
参照元:Yanko Design(英文)

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング