【過酷】元ライブドア社長が大雪被害に遭う / 積雪で家から出られずカップヌードルと「3年前の冷凍食品」を食べてしのぐ!

ロケットニュース24 / 2014年2月17日 8時0分

【過酷】元ライブドア社長が大雪被害に遭う / 積雪で家から出られずカップヌードルと「3年前の冷凍食品」を食べてしのぐ!

2014年2月14~15日に大雪となった関東圏。特に東京都内では交通機関に大きな影響を与え、悲惨な状況下で過ごしていた人も少なくないようだ。しかし、悲惨だったのは東京だけではない。山梨県や長野県、群馬県などで現在も積雪の被害が続いている。

・初日はカップヌードルを食べて過ごす
大雪の日、元ライブドア社長の平松庚三(ひらまつこうぞう)氏は群馬県利根郡の家に滞在していたという。あまりにも大雪だったため、積雪が胸の高さよりも上に。家から出ることさえできず、その日はカップヌードルを食べて過ごしたと筆者(私)に語ってくれた。家が雪に囲まれてしまったらしい。

・3年前の冷凍食品を食べてしのぐ
その状況はすぐに改善されず、翌日も食べ物を買い出しに行けない状況に。仕方なく家にあった3年前の冷凍食品を食べてしのいだとのこと。さ、さ、さ、3年前!? 賞味期限は過ぎているかもしれないが、食べなくては生きていけない。もしかすると、食べ物があるだけでも良い状況だったといえるかもしれない!?

・はじめて陸の孤島を経験した
平松氏は筆者に「どこでもそうだと思うけど除雪は幹線道路のみ。うちみたいな里山の地が孤立する」「はじめて陸の孤島を経験した」と語っていた。世界中を飛び回ってあらゆる国に渡航経験のある平松氏。そんな氏が「初めての経験」というのだから、よほど厳しい状況だったに違いない。ちなみに平松氏は現在、小僧com株式会社の会長として活躍している。

Report: Kuzo.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング