【三十代女子の恋愛奮闘記】男性をうんざりさせる「メルマガ女子」とは?

ロケットニュース24 / 2014年2月18日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】男性をうんざりさせる「メルマガ女子」とは?

突然ですが、あなたは何らかのメルマガの購読していますか? 純粋に「ぜひ読みたい!」という思いから登録しているメルマガもあれば、ネットショッピングのついでなど惰性で登録しているメルマガもあるでしょう。

では逆に、あなた自身はメルマガを配信していますか? 文化人など特殊な職業に就いている人以外は、なかなかメルマガ配信することはないでしょう。と思いきや、最近にわかに増え始めているのが「メルマガ女子」なんです。

・メールはキャッチボール形式で楽しむのが基本
メルマガ女子とは、意中の男性に対して一方通行なメールを送り続ける女性を指します。メールって、本来はキャッチボール形式で楽しむものですよね。たとえば……。

女性「飲みに行こうよ! 来週は何曜日が空いている?」
男性「シフト出るのが週末だから、わかり次第連絡するね」
女性「りょーかい」

このように、双方向でやり取りをするものです。しかし時と場合によっては、投げたボールがなかなか返ってこないことがあります。この例でいうと、「来週は何曜日が空いている?」に対してうんともすんとも返事がないケースです。

・連投メールしないのが一般的
返事が来ない場合、あなたはどうしますか? おそらくほとんどの女性は、「予定を調整中なのだろう」と解釈し、「待ち」の姿勢をとるはずです。謙虚な女性だと、「脈ナシなのかしら。まあ、私、おブスだし仕方ないわね」と潔く諦めたりもします。いずれにせよ、重ねてメールを送るようなことはしないはずです。メールはキャッチボールですからね。

・連投メールをしてしまうメルマガ女子
ところがメルマガ女子は連投してしまいます。しかし、「週末のほうが都合いいのかな?」とか「私のほうは水曜以外ならOK牧場です」とか、同じテーマの内容で送るのは、返事を急かしているようで気が引けるのでしょう。そこでメルマガ女子のとる行動が、「返信の必要性がない文面のメール送信」です。「おはよ。今日も寒いね。風邪ひかないようお互い頑張ろう」だの、「お疲れさまー。今日は会議が長引いてクタクタ。もう寝るです」だの、文面ナシで雪だるま画像だの……。

・ネットショップから配信されるメルマガ感覚
「返信の必要性がない文面のメール」を送るのがクセになってしまうと、そこからはもう止まりません。止まらないといっても、1日に何通も送るわけではないのがメルマガ女子! それこそ、ネットショップのメルマガのごとく、週1あるいは週2で、何日か日数を空けたうえで、定期的に送りつけてしまうのです。

・メルマガ女子を卒業すべし!
僭越ながら、メルマガ女子の皆様にご忠告申し上げます。メルマガ調メールを送り続けるのは無意味です。受け取る男性側の心理は、まさに「ネットショップからのメルマガを受け取る感覚」。ネットショップからのメルマガに返信する人がいないように、あなたのメルマガ調メールに対しても「返信不要」とジャッジするのです。

また、ネットショップからのメルマガって「鬱陶しい」と思ってしまうこともありますよね。あなたのメルマガ調メールも鬱陶しいと思われているかもしれませんよ。意中の男性との仲を進展させたいのなら、「待ち」の姿勢を身に着けましょう。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト: Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング