【グルメ】マクドナルドの「アメリカンファンキーBBQビーフ」を食べてみた / BBQというよりテリヤキバーガーの上位互換

ロケットニュース24 / 2014年2月18日 16時0分

【グルメ】マクドナルドの「アメリカンファンキーBBQビーフ」を食べてみた / BBQというよりテリヤキバーガーの上位互換

本日2014年2月18日から発売の「アメリカンヴィンテージ」キャンペーンの第3弾。アメリカ人のソウルフードとも言えるBBQソースがたっぷりと使われたハンバーガーだ。

チキンとビーフ、ふたつの商品が登場しているのだが今回は「アメリカンファンキーBBQビーフ」についてお伝えしたい!

・ベーコン → 肉 → チーズ → 肉(笑)
「アメリカンファンキーBBQビーフ」は、バンズ(パン)に、レタス、ピクルス、ビーフパティ2枚にしっとり系のベーコン2枚、そしてチェダーチーズが挟まったボリュームたっぷりのバーガーだ。ベーコンも比較的厚く、ひとことで言えば肉肉しい。

・ソースとバーガーのバランスは悪くない
同時発売された「アメリカンファンキーBBQチキン」は、具そのものは美味しいのに、それらが合体するといまひとつインパクトのない味になってしまっていた。しかし、「アメリカンファンキーBBQビーフ」は、全体的なバランスは悪くない。

ソースが具にからまりつつも、ビーフパティもチーズもレタスも、どれも存在感を感じることができる。でも、なんだがどこかで食べたことがあるような……。

・BBQというよりは、テリヤキバーガーの上位互換
今回のメインは、名前の通り何と言ってもBBQソースだ! 10種類のハーブ&スパイスで作られたBBQソースは、チキンマックナゲット用のBBQソースより甘みも強くスパイシー。「特製」というのもうなずけるだろう。

ビーフパティとの相性も悪くない。だが……甘みとトロミが強いので、なんだか「スパイシーなテリヤキバーガー」を食べているようだ。普通のテリヤキバーガーと比べると、ビーフパティが2枚でベーコンもチーズも入っていてボリュームたっぷりなので、「上位互換」な気がする。

強め味付けが好きな人や、テリヤキバーガーのファンで、スパイシーな料理もイケる口ならきっと美味しく食べられるだろう。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング