人は恋に落ちるとこんなに変わる! Facebook上の「恋する人の変貌ぶりが極端」と話題

ロケットニュース24 / 2014年2月20日 10時0分

人は恋に落ちるとこんなに変わる! Facebook上の「恋する人の変貌ぶりが極端」と話題

いつもと変わらない日常なのに、人は恋をすると気分はウキウキ! 人生がバラ色に見えてきたりするものである。そんな恋に落ちた人たちは、Facebook上の変貌ぶりが極端なことが、ある調査で判明し話題になっているのである。もしかしたら、最近恋に落ちたばかりのあなたも同じ行動を取っているかもしれない!?

・交際ステータス変更前に投稿数が激増
Facebookを専門とするデータ科学者チームが、バレンタインデーを機にユーザーカップル46万組の1800万に及ぶ投稿を分析し、恋に落ちた彼らの変貌ぶりを調査した。その結果、ユーザーが交際ステータスを “交際中” に変更するまでの「愛の形成期間」と呼ばれる100日間で、投稿が著しく増加していたことが分かったのである。

そして交際ステータス変更前の12日間の投稿数が、1日平均1.67回と最も多かったという。しかしステータスを変更してカップル宣言をした後は、投稿数が減少する傾向が見られた。その理由として、Facebook上での求愛活動が必要なくなり、カップルとして一緒に過ごす時間が増えたことが挙げられている。

・投稿内容にも明らかな変化
そして投稿数だけでなく、交際が始まる頃の投稿内容にも大きな変化が見られ、センチメンタルでポジティブなものが序々に増えていたのである。それは交際開始後にカップルの投稿数が減少した後も同じで、記念日や特別なイベントが増えることで、お互いの投稿内容はさらに愛情にあふれたものになっていたとのこと。

・恋に向き、不向きな街がある!?
また今回の調査により、恋に向いている街とそうでない街があるようだと調査チームは見解を述べている。独身を謳歌するのに向いている街トップ5には、デトロイト、ロサンゼルス、ニューヨーク、マイアミ、メンフィスといった大都市がランクインし、コロラド、テキサス、ケンタッキー州の田舎街では多くのカップルが誕生しており、恋愛向きの街であるとの結果が出ている。

確かに恋をするとノロケ話をしたくなるし、交際相手とのラブラブ写真をSNSに投稿したくなる気持ちは理解できる。しかし恋に破れた時、交際ステータスを “独身” に戻す時の気まずさといったらないので、ステータス変更は熟考したほうが良いかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング