街を、人を、人工知能搭載の無人偵察機が監視する……すぐそこまで来ているかもしれない未来を描いた短編作品『Our Drone Future』

ロケットニュース24 / 2014年2月20日 6時0分

街を、人を、人工知能搭載の無人偵察機が監視する……すぐそこまで来ているかもしれない未来を描いた短編作品『Our Drone Future』

サンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・ブリッジ。その上から橋の上の様子を観察する誰かの視線……さて一体誰の視線なのか、あなたはおわかりでしょうか?

海外サイト『io9』にて紹介されていたのは、Alex Cornellさんが制作した短編作品、『Our Drone Future』。

「Drone」、つまり無人偵察機によって監視され続ける日常。おそらくすぐそこまで差し迫っているであろう、我々の未来。それが、この作品が描きだしたものです。

人工知能を搭載した無人偵察機は、指示を受け行動するだけにとどまらず、ときにはそれを無視し、自らの意思で動くことも。そういった事態が起こることを懸念し作品を制作したという、Cornellさん。人間の予測の範疇を超えて動くロボット、それが我々にとって脅威になるということは、おそらく誰にでも想像がつくことなのではないでしょうか。

本物の無人偵察機『DJI Phantom Drones』を使用して撮影されたという同作だけに、そのリアリティーは言うまでもなく満点。

保安が目的とはいえ、24時間監視され続け、ときには危害を及ぼされる可能性もある無人偵察機という存在。もはやSFの世界の出来事とは言い切れない「ロボットに支配される未来」を、より身近に感じることができる同作は、必見の1本です。

寄稿:Pouch
参照元:io9(英文)

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング