【衝撃動画】インド人の男性が「鼻タイピング」でギネス記録を更新 / 自分の鼻でキーボードを連打!!

ロケットニュース24 / 2014年3月5日 14時0分

インドと言えば、宗教色の濃い神秘的な文化や建造物で有名。だが、一方で、世界有数の IT先進国としても知られている。

そんなインドで、ある意味誰も太刀打ちできない IT技術を持つ男性がいる。彼の特技は、パソコンのタイピング。しかも、ただ指で打つのではなく、鼻でキーボードを打つというのだ! 彼がタイピングをしているシーンは、YouTubeの動画で確認できるぞ。

インド人のムハマド・ハッサン氏は、指を使ったタイピングの世界記録保持者。それだけでもすごい……と言うより、それだけにしておけばよかったのだが、なんと彼は鼻を使ったタイピングでも、ギネス記録を更新したのだ。いわば、2階級制覇。とてつもない偉業である。「なぜ鼻なのか?」という疑問はさておき、とにかくすごいぞ!

「鼻タイピングのチャンピオン」と聞くと、「そもそも鼻でタイピングするなんて、彼だけじゃないのか?」と思う人もいるかもしれない。しかし、彼はライバルがいたのである。その名は、ニータ氏。ハッサン氏と同じ、インド人だ。ニータ氏は、2008年に1分33秒という鼻タッピングのギネス記録を樹立していた。

そんな中、彼は、今回なんと48.62秒というタイムを叩き出したのだ。前ギネス記録を、およそ半分ほど短縮!! 圧勝である。動画では、タイピングが終わった瞬間、勝利を確信した彼のドヤ顔にも注目だ。

タイピングの2階級王者、ハッサン氏は今後自らの記録を更新していくのだろうか? これからの動向にも目が離せない。

参照元:YouTubeNothing To do With Arbroath(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング