食べすぎが原因? 毎日のようにパパイヤスイーツを食べていた女性の胸がC → Fカップに急成長 / 女性「息ができず眠れない。切除して!」

ロケットニュース24 / 2014年3月17日 16時0分

食べすぎが原因? 毎日のようにパパイヤスイーツを食べていた女性の胸がC → Fカップに急成長 / 女性「息ができず眠れない。切除して!」

豊かな胸に憧れる女性は少なくない。豊胸手術からバストアップ効果があるというサプリまで様々な商品が販売されているが、中華圏では「パパイヤ」にバストアップの効果があると言われている。

その話を知ってか知らずか、ある女性が毎日パパイヤを使ったスイーツを食べていたそうだ。すると食べていた時期から胸が急成長し、Cカップだった胸がFカップに。結果、呼吸さえも苦しくなり病院に駆け込むという事態になってしまったのだ。

・Fカップ女性が病院に駆け込む
中国報道によると、今から2~3カ月ほど前、浙江省金華市の病院にある美容整形外科に大きな胸の女性が駆け込んだ。そして医師の手をつかみ「苦しいんです! 私の胸を切除してください」と叫んだそうだ。呼吸が苦しくなり、眠れないほどだという。

・胸はバスケットボール級の大きさに成長
彼女の名前は王さん(40)。4年ほど前から胸が急激に成長し始め、最終的にCカップからFカップにまでなってしまったそうだ。病院スタッフは検査をしてみて驚いた。彼女の胸はバスケットボールほどの大きさであり、おへそにまで到達するほどだったのだ。

その大きさとは裏腹に、彼女自身はとてもほっそりしている。超重量級の胸は市販のブラでは収まらず、袋を作って首からぶら下げ、やっと支えられるほど。さらに街を歩けば、好奇の目にさらされ、とても恥ずかしい思いをしていたらしい。

・巨乳症だった
診察の結果、彼女は胸が過剰に成長してしまう「巨乳症」であることが判明。さらに乳房にできる良性腫瘍「乳腺線維腺腫」も見つかったため、イタリアと上海から専門医を呼び手術が行われた。術後、左右の胸から合計約5.5キロの乳房組織と維腺腫が切除されたそうだ。

・パパイヤスイーツが原因か?
「巨乳症」の原因はわかっていない。だが王さんはひとつ思い当たることがあるという。胸が大きくなり始めた頃、彼女はパパイヤと「ハシマ(雪蛤 / 蛤士蟆)」と呼ばれるアカガエル類のメスの輸卵管を使った「木瓜燉雪蛤」というスイーツを毎日のように食べていたそうだ。

パパイヤも雪蛤もバストアップに効くとされている。パパイヤは女性ホルモンに似た「植物性エストロゲン」を多く含み、雪蛤もエストロゲンが豊富だという。スイーツにより長期的に大量摂取されたエストロゲンが巨乳症を引き起こしたのではないか? この話を聞いた西洋医学の医師は「王さんの推測が原因である可能性は排除できない」とし、中医学の医師も「きっと関係がある」と話しているとのことである。

・過去にも事例あり
なお、中国では過去にもこのスイーツを大量に食べていた男性の胸が膨らむという事例もあったというが……。巨乳症との因果関係はハッキリとはわかっていないが、エストロゲンの大量摂取は却って乳がんや子宮がんのリスクを高めると言われている。専門家もは、過剰摂取は避けるように、摂取は医師の指導の下で行うようにと呼びかけている。

参照元:鳳凰網看看新聞網(中国語)、Sina Video
執筆:沢井メグ

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング