【実録】謎の佐藤から「同窓会の件」というメールが届いた

ロケットニュース24 / 2014年3月25日 8時0分

【実録】謎の佐藤から「同窓会の件」というメールが届いた

日本で一番多い名字、それが「佐藤」である。鈴木や高橋、田中に渡辺……といった強豪をおさえ、日本一の座に君臨しているのが「佐藤」だ。伊藤、中村、小林、山本あたりが奮闘しても、佐藤の王位は揺るがない。

もしも日本全国の佐藤が一致団結したら、人口190万人クラスの「佐藤市」を形成することだって可能である。都道府県の人口ランキングでは第4〜5位となり、札幌市がライバルだ。そういえば、西暦3000年に佐藤が500万人を突破する……なんて小説も過去にあった。それはさておき、謎の佐藤から、以下のような迷惑メールが届いた。

・件名:2014年4月26日(土)【18:00】 同窓会の件

「(同窓会詳細)
佐々木が日時や場所も含んだパンフレットを作ってくれたから、上のクラス会お知らせの画像をクリックして幹事の私まで参加可能か連絡お願いします。パンフレットを早めに確認してご返答をお願いします。締切は今月末迄。」

──佐藤、さとう。お前は一体、どの佐藤なんだ。あの佐藤か。それとも、あの佐藤か。小学生時代の佐藤かも知れないし、高校時代の佐藤であろうか。いいや、近いところだとロケットニュース24編集部の佐藤英典記者という可能性も捨てきれない。

・頭の中は佐藤でいっぱい
おそらく、この佐藤メールを受信した誰しもが、「今までの人生の中で出会った佐藤」を走馬灯のように思い出すことだろう。頭の中は佐藤でいっぱい。佐藤、佐藤、佐藤佐藤佐藤……。同窓会を開こうとする佐藤は、果たしてどの佐藤なのか。

とりあえず、年齢も違えば学校も出身地も違う佐藤英典記者に、しれっと以下のメッセージを送ってみた。

私「佐藤さん、同窓会のメールを俺に送ったか? 俺は佐藤さんとは違う学校だぞ。佐々木って、どの佐々木だ?」

──すると……佐藤英典記者は、私の予想を超越した、驚愕の返信をしてきたのである! 迷惑メールの送信者「佐藤」の容疑をかけられた佐藤は、どんなリアクションをとるのであろうか!? その答えは、次ページ(その2)(http://wp.me/p25BsW-1MML)に掲載だ!!

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング