挙式前のダイエットは危険! 「プレッシャーが大きいと結婚後の体重増加に拍車がかかる」との研究結果

ロケットニュース24 / 2014年3月26日 20時0分

挙式前のダイエットは危険! 「プレッシャーが大きいと結婚後の体重増加に拍車がかかる」との研究結果

女性なら誰でも一生に一度(のはず)の結婚式には、できるだけスリムな体型で挑みたいと思うだろう。しかし結婚前にあまりダイエットに励み過ぎると、後に怖い結果を招くことが最新研究で判明し話題になっているのだ。「結婚するとなぜ太るのか? なぜ挙式前のダイエットは良くないのか?」真相に迫りたいと思う。

・たかが2キロ、されど2キロ
結婚前後における女性の体重変化を研究したのは、豪フリンダース大学の研究チームだ。350人の新婚女性を対象にアンケート調査を行ったところ、半数が挙式前に減量を試みたが平均的に体重の変化は見られず、全体的には結婚後、半年以内に平均2.1キロ体重が増加していることが明らかとなった。

2キロと聞くと大したことはなさそうだが、2キロ痩せようと思うとかなりの努力が必要である。そして挙式前に何カ月も厳しいダイエットに励んだ人ほど、式後から半年間のリバウンド率が著しく、平均で3.2キロ増加していたのだ。

・ダイエットのプレッシャーは厳禁!
そして回答者の3人に1人が、婚約者や家族から挙式前に痩せた方がいいとアドバイスされており、中には9キロ減を目標に掲げている人もいた。しかし結果的に、プレッシャーを強く感じていた花嫁は半年で4.5キロ体重が増し、減量のプレッシャーを感じなかった人と比べると約3倍近く体重が増加していたのである。研究チームは、「潜在的な体型への不満と結婚後の体重増加は、関連性があるのでは」と指摘している。

・安心感から来る幸せ太り
結婚後に体重が増えることは、一般的に “幸せ太り” と言われ珍しくはない。食事量が増えたり、結婚式という特別なイベントを終えた花嫁は “痩せる” モチベーションが下がっても仕方がないとの見方もある。さらに「夫を手に入れた安心感から外見を気にしなくなる可能性もある」として、研究チームは見解をレポートにまとめている。

結婚写真は子供から孫へと代々語り継がれるものなので、「できることなら痩せてきれいな自分を残しておきたい」と思うのは純粋な女心である。最高の姿で結婚式を終えた後は、少し太るぐらいは大目に見てあげてもいいのではないだろうか。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング