【海外旅行好き必見】バックパッカーが旅で直面する問題19選

ロケットニュース24 / 2014年3月28日 16時0分

【海外旅行好き必見】バックパッカーが旅で直面する問題19選

リュックサック1つで世界を旅するバックパッカー。自由気ままなその旅は、現地の人や世界中の旅行者と交流できることなど多くの魅力がある。とはいえ、バックパック旅行が必ずしも快適であるとは限らない。時には、うんざりする時やイヤな気分になる時も。

そこで今回は、海外サイトで紹介された「バックパッカーだけが分かる19の問題」を元に、バックパッカーが旅行で直面することや、ついやってしまうこと、旅を通して感じること19選を紹介しよう。バックパッカーはもちろん、海外旅行経験者なら、思わず「あるある!」と共感してしまう項目が見つかること間違いなし!

1.旅先で出会う人と交わす会話が全く同じ
「どこから来たの?」「どこへ向かっているの?」「ここにはどれくらい滞在してるの?」などなど、誰に出会っても会話は完全に同じ。確かに、旅先での新たな人との出会いは素晴らしいが、ワンパターンの会話ばかりしているために退屈さを感じてしまうことも。

2.宿泊所で出会う人たちに「いつも愛想良くしなければ」と思ってしまう
時には親睦ゲームに混ざりたくない時だってある。

3.「私は今までこれだけの国へ行ったよ」という自慢話を旅行者から聞かされる
自慢話はどこでも敬遠されるもよう。

4.旅先で出会った人と仲良くなったと思ったら2日後にバイバイ
旅での出会いに別れは付きものとはいえ、ほんのりとしたあの切なさは何とも言えない。

5.相部屋であるドミトリータイプの宿に泊まる
安さと多くの人に出会える点を追求するとこうなる。

6.簡易宿泊所で出される無料の朝食が終了していて、期待が粉々に砕け散る
アテにしていただけに、絶望は大きい。

7.自分がこれから行こうとする場所や行った場所について語りたがる、知ったかぶりのバックパッカーに出会う
これは「マジで黙ってくれ!」だ。

8.自分の国へ帰った時に、誰かが「旅をしてどれだけ自分が啓発されたか」なんて会話をしていると、その度に「黙れ!」と思ってしまう
したり顔で語られた日にはウザさ倍増?

9.パスポートがスタンプでいっぱになる
誇らしいような、手続きが面倒くさいような……。これから次の国へ行こうかという時に気づくと最悪。

10.ドミトリーで男女の営みをおっぱじめる奴がいる
相部屋だと余計に事故が起きやすい? とにかく、どこか他の場所でやってくれ!

11.グループ旅行者の馬鹿な振る舞いを目撃してしまう
こっちまで恥ずかしくなるから止めてくれ!

12.旅先で生まれる短いロマンスのスリル
そして、結局は悲しみに打ちひしがれる……。

13.今日が何曜日かしか把握できなくなる
日付を忘れることはしばしば。旅先で知り合った人と飲む機会が多くなると、避けられない宿命? 中には曜日さえ忘れる人も。

14.現地の食事にハマり過ぎて、気がつけばズボンがきつくなっている
逆パターンで、下痢続きで痩せることもある。

15.カウチサーファー(他人の家に泊めてもらうSNS の利用者)に会うと、密かに「自分を殺しにきたのか」と思ってしまう
知り合うきかっけがSNS だけに、相手がどんな人かは会ってみるまで分からない。

16.他のバックパッカーに旅の方法を批判される
正しい旅の方法なんてなければ、旅の上手な人に与えられる賞もないだろう?

17.簡易宿泊所のキッチンやバスルームで正体不明のゾッとするものを見てしまう
例えば、今まで見た事もない虫。特にアジア圏ではその確率は高いかも。

18.「○○無料」という看板を見ると、何でも手を出してしまう
タダの朝食や無料の語学レッスンなど、お金がないバックパッカーは「無料」に弱い

19.旅行雑誌や旅行サイトを見ても全く楽しめない
バカ高いレストランとか、行けもしない場所を勧められてもそんな金はない。

参照元:BuzzFeed(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング