700ものシステムを導入して自分自身をハッキングした男性が45キロの減量に成功! 将来的には大企業と新商品を開発予定

ロケットニュース24 / 2014年3月31日 11時0分

700ものシステムを導入して自分自身をハッキングした男性が45キロの減量に成功! 将来的には大企業と新商品を開発予定

SNS やスマホといったテクノロジーの発達は、便利なようでいて実はストレスの原因にもなっていたりする。しかしある男性は700ものテクノロジーやシステムを利用して、自分の行動や感情、環境を全てモニターすることにより45キロの減量に成功したというのだ。「自分自身をハッキングすることの恩恵は大きい」と訴え、大企業からも注目を浴びている人物を紹介したい。

・700のシステムを利用して体調・環境管理を徹底
700におよぶシステムを導入して自分自身のデータを集めているのは、米デンバー州出身のクリス・ダンシーさんだ。彼は Googleグラスやスマートウォッチ「Pebble」、体調管理を行う「Body Media」に心臓モニターといったあらゆるテクノロジーを駆使し、自分の健康状態や環境情報を取得し管理しているのである。

また、体に装着するデバイス以外にも、自宅ではスマート照明システムや睡眠中のデータを集められるベッドカバーを使用し、情報収集に余念がない。

・自分自身をハッキングして大減量に成功
5年前から週2~3個のペースで、システムやデバイスを付け足していっているうちに、700もの数に達してしまったというクリスさんは、自分自身をハッキングしているとも言える。そして消費カロリーや、何をどれだけ食べているかといったあらゆる情報を知ることにより、45キロもの減量に成功したというのだ。

「私が何かに触れれば自分に関するデータを得られるので、今は何を飲食して、いつ起床・就寝するべきか全て把握しています。コンピュータと同じで、人間の心と体は情報の宝庫なのでハッキング可能です」と語る彼は、全てのデータを Googleカレンダーで表にし分かりやすくまとめている。

・企業が新商品開発の協力を要請
そして人間コンピュータとも言えるクリスさんに、多くの大企業や起業家が新商品開発の協力要請を申し出ているとのこと。彼は過去5年間集めてきたデータを元に様々な企業にアドバイスしており、これからは商品開発に関わっていくつもりだと展望を語っている。

確かに自分のことは知っているようで案外知らないのかもしれない。自分を知ることの恩恵は大きいかもしれないが、いつも情報をチェックすることに追われているとストレスが溜まってしまいそうだ。

参照元:FacebookMail Online(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング