なんて羨ましい! ミュージカル『ライオンキング』のキャストが移動中の飛行機で 主題歌を熱唱!! みんなを笑顔にした大胆サプライズが話題に

ロケットニュース24 / 2014年4月3日 8時0分

なんて羨ましい! ミュージカル『ライオンキング』のキャストが移動中の飛行機で 主題歌を熱唱!! みんなを笑顔にした大胆サプライズが話題に

自分もその場にいたかった! そんな世界中が羨むフラッシュモブ動画が話題になっている。「フラッシュモブ」とは、公共の場で予告なしに行われるパフォーマンスのこと。今回、何が起きたのかというと……なんと、飛行機の中でミュージカル『ライオンキング』の出演者たちが、主題歌「サークル・オブ・ライフ」を熱唱したのである! 

このサプライズに乗客は大喜び。さらに動画も公開され、再び多くの人を幸せにしているのだ。それでは、さっそく動画「THE LION KING Australia: Cast Sings Circle of Life on Flight Home from Brisbane」を確認してみよう!

この驚きのフラッシュモブが行われたのは、ヴァージン・オーストラリア航空0970便、ブリスベン発シドニー行きだ。ほとんどの乗客がすでに席についている。そんな離陸を待つ機内で突然、こんな声が鳴り響いた。

「Nants ingonyama bagithi、Baba!! (ライオンが来るよ、お父さん)」

これは……! そう、あの『ライオンキング』の主題歌「サークル・オブ・ライフ」の冒頭部分ではないか!! その声に呼応し、周りに座っていた乗客が続きを歌いだす。ある者は手を叩き、ある者は体を揺らし、どんどん大きくなる歌声は、まるでミュージカルの舞台だ! 

実は、彼らはオーストラリアのミュージカル『ライオンキング』のキャストたち。ブリスベン公演が終わり、シドニーに帰るところだったのである。この様子が YouTube にアップされると、公開から2日で再生回数240万回を突破の人気動画に! ネットユーザーからは以下のコメントが寄せられている。

「私もこのフライトに乗りたかった!」
「ただただ素晴らしい」
「息を飲む美しさだわ」
「テンション上がった~!!」
「アメリカだったらテロ扱いかも(笑)」
「みんな遊び心を持っているんだなぁ」

飛行機のなかでも人を楽しませてくれたキャストの皆さん。そして動画がアップされたことで、その場にいなかった世界中の人もその雰囲気を楽しんでいる。離陸前の忙しいときに撮影をしてくれた客室乗務員さん、そして動画をアップしたディズニーミュージカルの公式アカウント、共にグッジョブだ!!

それにしても、あんな間近でキャストの歌が聞けるなんて羨ましすぎる。このちょっとした巡り合わせは、どんなにお金を積んでも得られない最高の客席だと言えるだろう。

参照元:YouTubeHuffington Post
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング