【北極冒険38日目】ついに3度目のブリザード襲来 / 強風で22kmも東へと流されてしまう

ロケットニュース24 / 2014年4月15日 6時0分

【北極冒険38日目】ついに3度目のブリザード襲来 / 強風で22kmも東へと流されてしまう

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。38日目(2014年4月14日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

・荻田氏からの定期連絡(日本時間 4月14日 12:30)
現在地: 北緯85度49分 西経72度43分
この日の移動距離: 0km
天候: ブリザード
気温: マイナス15度

・強風で東へ押し流される
当初の気象予測の通りに、ブリザードが襲来した。前日夕方から風が強まり、その日の夜のうちに強風で1時間で1kmも流されてしまったそうである。それが一夜明けて、22kmも東に流されていたそうだ。

・テントで耐えるしかない
荻田氏の足元にあるのは氷である。北極海に浮かぶ氷塊のひとつにテントを張って、荒れ狂う風雪に耐え忍んでいなくてはならない。明日の朝には、さらにどちらかへの方角へと押し流されているのは確実だ。これが追い風で、北極点に近づけてくれるのなら良い。しかし自然はそう都合よく働いてくれない。やはり最後は自分の足で前へと行くしかないのである。

情報提供: 荻田泰永 北極点事務局
画像: 荻田泰永 公式Facebook
執筆: 佐藤英典

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング