飛行機で中国人客が「食事の音がうるさい」とブチギレて乱闘 → フォークとナイフで応戦 → 流血の惨事に

ロケットニュース24 / 2014年4月17日 17時0分

飛行機で中国人客が「食事の音がうるさい」とブチギレて乱闘 → フォークとナイフで応戦 → 流血の惨事に

長時間の飛行機での移動はまさに缶詰状態。だからこそ乗客同士も互いに気を使いたいものだが。先日、ささいな不満が流血の惨事となる事件が起きてしまったという。

・タイ航空で流血の惨事
乱闘騒ぎが起きたのは、2014年4月16日深夜1時半頃。タイ航空バンコク発北京行きでのことだった。機内にいた3人の中国人男性が、突然、口論を始めたのである。口論は次第にエスカレート。殴り合いになり、1人が機内食用のフォークとナイフで応戦! 流血の惨事へと発展したというのだ。

・原因は「食事の音」
目撃者によると、3人の口論から察するに喧嘩の原因は「食事の音」ではないかとのこと。どうやら騒ぎを起こした3名のうち1名が食事をとっていたところ、眠りたかった2名が食事の音がうるさいとクレームをつけたことがきっかけだったという。

男性がどんな音を立てて食事をとっていたのか、クレームを言った2名がどんな言い方をしたのかはわからないが、何も乱闘までしなくても……。

・さすがに中国でも物議
中国人による機内での乱闘騒ぎは今回が初めてではない。だが、それだけに中国版Twitter こと「Weibo」のホットワードにあがるほど注目され、以下の声が寄せられている。

「またかよ!」
「中国人として恥ずかしい」
「また恥が国外にまで晒されてしまった」
「まさか機内で切りつけられるなんてねぇ」
「これじゃテロと変わりないじゃないか」
「こういう衝動の対価って大きいよね」
「これだから我々中国人ノービザで旅行ができないんだよ……」
「ノービザは夢のまた夢だなぁ」

・北京到着後、派出所へ
なお、乱闘が始まってすぐ、客室乗務員が駆けつけて3人を制止したため、負傷者は出たものの大事には至らなかったようだ。北京到着後、騒ぎを起こした3人及び一部の乗客らは派出所に引き渡されたとのことである。

静かにしてほしかったはずなのに、自らも騒いでしまったら元も子もない気もするのだが……。いずれにしても、生死に関わるような事態にならなかったのは不幸中の幸いだが、狭くて自由のきかない機内だからこそ、互いにマナーには気をつけたいものだ。

参照元:中国新聞網(中国語)、Sina Weibo @泰国頭条新聞
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング