インド人の手作り「噛みタバコ」を噛んでみた

ロケットニュース24 / 2014年4月18日 15時0分

インド人の手作り「噛みタバコ」を噛んでみた

世界中に愛煙家がいるタバコ。吸い過ぎはよくないが、適度に楽しむぶんには「精神衛生上むしろ健康にいい」と言っている人もいる(本当かどうかは別として)。しかし珍しいタバコもこの世にはあるようで、そのひとつが噛みタバコ。

生の葉っぱにスパイスやニコチンなどを包んで噛んで楽しむタバコである。インド人が手作りで噛みタバコを作ってくれる場所があると聞き、タイの首都バンコクのインド人街に行ってみた。すると、確かにインド系の人が噛みタバコを作ってた。どんな味がするのだろう!? さっそく買ってみた!!

1個5バーツ(約16円)で、スパイシーとスイートの2種類が売られている。注文を受けてから作るため、葉っぱもスパイスも新鮮なものだ。けっこう複数のスパイスを混ぜているようで、けっこう手間がかかる。しかし、手間がかかるほど「美味しいに違いない!!」と期待してしまうのも事実! 完成して食べてみると……。

うげええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええええええええええええええええーーーーーーーッ!! 苦い!! 甘い! 渋い! シュワシュワする! なんじゃこりゃあああああああああああああ!! 正直、これはまずい。噛むたびに甘くて苦い変な味が広がる。

筆者(私)はタバコを吸わないのだが、もしかすると愛煙家が噛めば美味しいと感じるのかも? とにかく、二度と噛みタバコは噛みたくない。しかし、多くの人たちに愛されている噛みタバコ。噛み続ければ、そのうち好きになるのかもしれない。

Report: Kuzo.
Photo:RocketNews24.

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング