【衝撃】人間にとって最も危険な生物は何か? 1年間で70万人以上を死へ追いやる超危険生物は意外なアイツ

ロケットニュース24 / 2014年5月7日 14時0分

【衝撃】人間にとって最も危険な生物は何か? 1年間で70万人以上を死へ追いやる超危険生物は意外なアイツ

あなたは、 “人間にとって最も危険な生物” は何だと思われるだろうか? ライオンや虎などの大型肉食獣だろうか? それとも、毒ヘビや毒クモ、サソリなどの毒を持つ生物? サメというラインも怪しい……。

ところが! 人類にとって、最も危険な生物、毎年多くの人間の命を奪っている超危険生物No.1とNo.2は、誰もが知っている意外な生物だったのだ。そいつに比べれば、ライオンやサメなんて、「安全」と言えるレベルである。答えは、で確認できるぞ。

・被害者の数を視覚化
図は、「特定の生物によって、どれだけの人が1年の間に死へ追いやられているのか?」をまとめて視覚化したもの。

図の中で、最も “危険でははない” 生物はというと……なんとサメとオオカミだ。この2種によって、毎年10人の人が亡くなっている。次はライオン、ゾウで、被害者の数は100人。

続けて、カバに殺されたのは500人、ワニは1000人、サナダムシは2000人、回虫は2500人、カタツムリ、サシガメ、ツェツェバエはいずれも1万人、犬が2万5000人、ヘビが5万人である。

・超危険生物No.1は蚊、No.2は人間
危険生物No.2は、なんと人間。人間同士の殺し合いなどによって、平均して1年で47万5000人の方が亡くなっている。そして、No.1は……「蚊」である。蚊によって、72万5000人もの人が命を落としているのだ。

危険な蚊の代表格はマラリアで、毎年60万人以上が命を落としているのだとか。それ以外にも、2500種類以上の蚊が存在し、テング熱や黄熱病、日本脳炎の媒介者となるのも蚊の一種である。

・ビル・ゲイツがブログで発表
実はこの図、あのビル・ゲイツ氏がブログで発表したものである。どうやら、ビル・ゲイツ氏は、WHO(世界保健機構)のデータなどを元に、図を作成したもよう。ゲイツ氏はブログ内で、上のような具体的な数字をあげて、蚊の危険性について注意を促している。

読者の中には “人間の命を一番奪っている生物は蚊” と知って、驚いた人も多いのではないだろうか。そして、2位が人間というのも……。とにかく、図を見ていると「危険な生物」について、考えさせられる。

参照元:AcidCowgatesnotes(英語)
執筆:和才雄一郎

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング