発作を起こした飼い主のポケットから「iPhone を取り出して救急車を呼んだ介助犬」がスゴイ! と話題

ロケットニュース24 / 2014年5月20日 23時0分

発作を起こした飼い主のポケットから「iPhone を取り出して救急車を呼んだ介助犬」がスゴイ! と話題

糖尿病患者に血糖値の低下を知らせたり、癌を嗅ぎ分けられたり──と、人間の健康や安全に貢献するために訓練された犬がいる。そんな犬の賢さを、さらに裏付けるかのごとく……なんと「発作を起こした飼い主のために iPhone で救急車を呼んだ介助犬」が話題を呼んでいるのである。

・飼い主のポケットから iPhone を取り出し緊急電話
介助犬のメイジャーは、アフガン戦争で受けた爆発による怪我のため、発作と心的外傷後ストレス障害を患っているテリー・マクグレイドさんをサポートするように特別な訓練を受けている。

そして今月上旬、発作を起こしたテリーさんを救うために、メイジャーは吠えて助けを求めるのではなく、なんと彼の iPhone から救急車を呼んだのである!

・緊急電話を10回もコール!
発作で倒れてしまったテリーさんの服のポケットから、歯を使って iPhone を引っ張り出したメイジャーは、何回も脚の肉球でタッチパネルを数秒間にわたり押し続けたという。だが電話に出ても返答がないためイタズラ電話だと思った電話交換手は、毎回電話を切ってしまったのだ。

しかし諦めずに10回目の電話をかけたメイジャーのお手柄で、交換手が電話の向こうで発作を起こしているテリーさんの声に気づき、救急車を派遣することができたのである。

・犬の電話のおかげで一命を取り留める
救急車が家に到着すると外で待っていたメイジャーは、裏庭に倒れている飼い主の所へ救急隊員を導き、彼は無事に病院へ搬送された。

・メイジャーのおかげで心も救われた飼い主
命の恩人というだけでなく、飼い犬によって心も救われたというテリーさん。「犬を飼うまではひどく落ち込んでいて、自殺寸前まで追い込まれていました。心的外傷後ストレス障害があまりにひどかったんです。でもひどい状態から保護され介助犬になったメイジャーを見て、私も回復しなければと思いました」と語る彼は、メイジャーと出会っていなければ、今の自分はなかったと打ち明けている。

賢い飼い犬のおかげで命を救われたテリーさんだが、iPhone は歯型だらけになって使えなくなってしまったそうだ。

今回の発作からは完全に回復した彼だが、いつ次の発作が起きてもおかしくない状態だという。しかし、そんな時も再びメイジャーが助けてくれるのではないだろうか。こういう話を聞くと犬と人間は、人間同士でも結べないような特別な絆を結べるような気がしてならない。

参照元:FacebookHuffington Post(英語)
執筆:Nekolas

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング