【衝撃イケア】フリスビーを買ったと思ったら「クラッカー」だったでござる

ロケットニュース24 / 2014年5月21日 14時0分

【衝撃イケア】フリスビーを買ったと思ったら「クラッカー」だったでござる

フィンガーフードの代表格、クラッカー。ビスケットの一種で、チーズやクリームをのせて立食パーティなどで提供されることがある。手軽につまめることが、最大の魅力といっても良いだろう。

そのクラッカーの概念を根底から覆す代物を、スウェーデン発祥の家具メーカー「イケア」で発見した。フリスビーかな? と思って買ってしまったものが、実はこれクラッカーだった! マジかよ!?

・名称「クラッカー」
イケアで購入したのは、「ライ麦と小麦ブランのクリスプブレッド」という商品。てっきりフリスビーだと思っていたのだが、持ち帰って裏面を見ると、名称は「クラッカー」とある。したがって、フリスビーサイズであってもフリスビーではないのだ。間違えた……。

・これはメガ盛りだ!
クラッカーがフィンガーフードの代表であるとはいえ、手でつまめるサイズにしなければいけない理由はどこにもない。フリスビーと思ったって、クラッカーはクラッカーだ。「メガ盛り」という言葉が存在するのだから、これはクラッカーのメガ盛りということになるだろう。

・インパクトフード
ちなみに食べてみたところ、麦の風味が豊かで大変身体に良さそうな印象を受ける。ただ、そのままだと味気ないので、やはりクリームやチーズ、フルーツなどをのせた方がよりおいしく食べられるだろう。なお、販売価格は669円である。インパクトのあるパーティフードを探しているのなら、ぜひ一度試して頂きたい。今度は間違わずにフリスビー買うぞ。

Model: Fancy和才
Report: 佐藤英典
Photo: Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング