【三十代女子の恋愛奮闘記】男性は気を付けよう! 狙っている相手が「女子校出身」だった場合の注意

ロケットニュース24 / 2014年5月30日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】男性は気を付けよう! 狙っている相手が「女子校出身」だった場合の注意

先日、病院の待合室で読んだ雑誌に、「NHKの朝ドラ『花子とアン』の影響で、女子校出身者ブームが到来するかも」といった内容の記事が掲載されていました。朝ドラよりも昼ドラ派の筆者は全く知らなかったのですが、女子校出身者としては放っておけません。というわけで今回は、男性読者様向けに、女子校出身者と接する際のちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

・「オトコに飢えていたの?」は禁句
女子校出身者あるあるだと思うのですが、女子校出身であることを明かすと、「在学中はオトコとの出会いに飢えていたんでしょ?」と、あまりにも単純思考な質問を投げかけてくる男性がいます。女子校も色々ですから一概には言えないのですが、筆者の母校は「オトコに飢えているタイプ」の同級生はほとんどいませんでした。

むしろ、「女性だけの環境が気楽」という、男女交際に関心が薄いタイプが多かったように記憶しています。そもそも10代の頃って、飢えるという意識が湧くほど、男性のことを知らないものですよ。品位を疑われるような質問は避けたほうが無難でしょう。

・「下敷きでスカートの中を扇ぐんでしょ?」も禁句
男女の恋愛には「新鮮さ」が大事とされています。よって、落としたいと狙っている女性が、ほかの男性からも言われているであろう言葉を囁いても、大した効果は得られません。さて、女子校出身者がもっとも多くいわれる言葉とは果たして何なのでしょうか? その答えは、「女子校って、下敷きでスカートの中を扇ぐんでしょ?」です。

筆者も、耳にタコができるくらい聞かれ続けてきました。この下敷き質問が来ると、女子校出身者は心の中で「出たーっ!」とシャウトします。下敷き質問も控えてください。なお、筆者の母校には、下敷きでスカートの中を扇ぐような同級生はほとんどいませんでした。周囲の女子校出身者に話を聞いても、「いくら女性だけの環境とはいえ、最低限の品位は重んじる」とのこと。ご参考までに。

・結論
卒業してまだ数年程度の年齢だと、女子校気質が顕著に表れるのですが、10年以上も経っていれば、共学出身女性との差ってほとんど無いように見受けられます。30代女性に対しては、「気になるアノ子は女子校出身者か、ぬおぉ!」と身構えずとも大丈夫ですよ。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト: マミヤ狂四郎 Twitter

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング