【球場メシ】千葉マリンスタジアムで「ガパオ丼」を食べたら青山か中目黒にいるかと錯覚するほどお洒落な味だった

ロケットニュース24 / 2014年6月1日 12時0分

【球場メシ】千葉マリンスタジアムで「ガパオ丼」を食べたら青山か中目黒にいるかと錯覚するほどお洒落な味だった

セパ交流戦真っ盛りのプロ野球。ワールドカップもいいがプロ野球も忘れちゃいけない。今すぐ行こうぜ球場に! 観戦だけでも楽しいが、球場には美味しい「球場メシ」がたくさんある。ということで今回は、千葉ロッテマリーンズの本拠地である千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)の球場メシを紹介するぞ!

・多くの女性が行列を作る『スマイルデリ』のガパオ丼
球場の外だけでガッツリ系からスイーツ系まで約30の屋台が軒を連ねるQVCマリンフィールド。美味しそうなものを探していると、“行列のほぼ全てが女性” という珍しいお店を発見した。ガパオ丼の『スマイルデリ』だ。オーガニックな雰囲気が漂うオシャレな店だ。

・お洒落タウンの味がした
ガパオ丼の価格は650円。さっそく食べてみると……タイ料理のガパオを日本流にアレンジしているのか、タイ料理独特のクセはない。いわゆる「ヘルシー系カフェ」で出てくるような味である。とても球場とは思えない、お洒落タウンの味なのだ! 球場にいるとは思えない!!

・実際にお洒落タウンで販売してた
ライスも白米と玄米が選べて、具も野菜が多い。自家製ぬか漬けや温泉卵、各種調味料を無料でトッピングできるなど、かなりお得感もあった。お店を切り盛りするご夫婦に詳しい話を聞いてみると、普段は青山や中目黒でケータリング販売しているとのこと。やはり “お洒落タウン発のお店” だったのだ!

・球場メシの隠し味
ちなみに、球場メシが大好きな私(筆者)の中でトップランクの美味さだと思っているのが、今回の球場「千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)」のグルメである。その理由は、「屋外で食べることが最高の隠し味になっている」からだ。

ドーム型スタジアムでは決して出せない開放感と、東京湾の潮風(しおかぜ)が、とても気持ち良い “隠し味” になっているのである。美味しい球場メシの宝庫である千葉マリンスタジアムこと「QVCマリンフィールド」、ぜひとも一度は体験してほしい!

参考リンク:QVCマリンフィールド
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング