【大騒ぎ】船橋市非公認ゆるキャラ「ふなっしー」のニセモノが兵庫県に出現! 警戒中の警察官が取り押さえる騒ぎに

ロケットニュース24 / 2014年6月2日 12時0分

【大騒ぎ】船橋市非公認ゆるキャラ「ふなっしー」のニセモノが兵庫県に出現! 警戒中の警察官が取り押さえる騒ぎに

根暗な当編集部のGO羽鳥も憧れる、船橋市の非公認ゆるきゃら「ふなっしー」。彼が大変いい人であることはすでにお伝えした通りだ。その人柄も踏まえてこそ、ふなっしーの魅力と言えるだろう。

そんなふなっしーのニセモノ騒動が起きていたことが判明した。兵庫県高砂市で行われたイベントにニセモノが出現し、警察官に取り押さえられる騒ぎがあったという。高い人気を誇るだけに、無理もない話なのではないだろうか。

・本物はスケジュールが合わず
神戸新聞NEXTによると、2014年6月1日に同市で「ご当地博」というイベントが開催されたそうだ。その会場には、熊本の「くまモン」をはじめとするゆるキャラ47体が参加していた。残念なことにふなっしーの本物はスケジュールが合わずに参加していなかった。

・警察が取り押さえる
ところが、その会場にふなっしーがいることが発覚。ステージ上のご当地アイドルがその存在に気付くと慌てて会場外へと逃げ出した。警戒中の警察官に取り押さえられるという一大騒動になってしまった。中に入っていたのは、一般男性で子どもを自分の子どもを喜ばせるつもりだったと話しているという。

・ネットの声
「なにも取り押さえなくてもwww」
「やるならもっと精巧に作ればいいのに笑」
「コスプレで留めておけ」
「初めてみたら気付かないだろう」
「取り押さえるってどういうこと?」
「あんだけ目立つモンをまた…w」
「気をつけよう…」
「人気者には、悩みがつきものなっしー!」
「偽物。。でもクオリティ高い」
「臭いでわかるだろ」

おそらく逃走したことから、不審に思われて取り押さえられてしまったのではないだろうか。逆に “コスプレとわかる範囲” であれば問題なかったのかどうかも気になるところだ。いずれにしても、たとえニセモノでも注目を集めてしまうふなっしー。この人気はホンモノである。

参照元: 神戸新聞NEXT
執筆: 佐藤英典

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング