「集客対決」を持ちかけた2組のアイドルにカンニング竹山さんが衝撃発言!? 竹山「知ったこっちゃないですけどね~!」

ロケットニュース24 / 2014年6月6日 23時0分

「集客対決」を持ちかけた2組のアイドルにカンニング竹山さんが衝撃発言!? 竹山「知ったこっちゃないですけどね~!」

多方面で活躍するお笑い芸人のカンニング竹山さん。キレ芸を得意とする彼がMCを務める、「竹山ロックンロール」という番組が放映をご存じだろうか? 2014年1月から放映しており、6月15日に東京・赤坂BLITZで「TAKEROCKFES」を開催する。

このイベントに当サイトではおなじみのアイドルユニット「仮面女子」が出演するのだが、同じくアイドル「アップアップガールズ(仮)」と集客争いをすることになった。これは竹山さん提案なのだが、なんと竹山さんは一度もアイドルライブを見たことがないという。出演オファーしておいて、そりゃないだろ!? 一度くらいは見てやれよ! さらに衝撃発言!!

・音楽とお笑いの融合
イベントは音楽とお笑いを融合した、竹山さんらしい奇抜な人選になっている。以下は出演予定のバンド・アーティスト、芸人である。

・TAKEROCK FES出演者
アーティスト・バンド: 大槻ケンヂ20thバンド with NARASAKI、大森靖子、仮面女子、後藤まりこ、神聖かまってちゃん、ピエール中野(DJ)、藤岡みなみ & ザ・モローンズ
お笑い芸人: アルコ & ピース、オラキオ、三四郎、新宿カウボーイ、スパローズ、チャンス大城、永野、日本エレキテル連合

・プロレスのような対立
その開催に先立って、仮面女子の本拠地である秋葉原の「P.A.R.M.S」で記者会見が行われた。というのも、アイドルの威厳をめぐって仮面女子とアップアップガールズ(仮)が、火花を散らしているというのである。まあ、何かプロレス的に捉えてもらえれば良いと思う。いわゆる対決演出である。凌ぎを削ってお互いを高め合うのは、とても良いことではないだろうか。

・入口調査で対決
お互い一歩の譲らないという状況のなかで、竹山さんはこんな提案をした。「選挙だと出口調査というのがあるけど、入口調査でお互いの力量を競えば良いんじゃないか?」と。要するに集客争いである。これで勝負をしたらどうかという話だ。さすが竹山さん、大人の知恵で(都合の)良い方向に話をまとめたのである。数が多い方が勝利するという明白なルール。ただそれだけではなく、記者(私)が関係者に聞いた話によると、以下のような条件がつくそうだ。

・集客競争のルール(仮面女子の場合)
200人以上動員 → 番組コーナーMC
175人以上動員 → 番組エンディング曲 & PVのオンエア
150人以上動員 → 番組エンディング曲
125人以上動員 → イベント出演時間1曲分延長
100人以下動員 → イベント出演時間1曲分をアプガに譲る
50人以下動員 → イベント出演時間2曲分をアプガに譲る

なるほど、200人以上で番組のコーナーMCはかなりアツい。125人でもイベントの出演時間が延びるので、有難いに違いない。ただ100人を切ってくると、ちょっと苦しくなる。イベントを盛り上げるうえで、とても良いアイディアではないだろうか。だが、ひとつ気になることがある、それは……。

・一度もアイドルライブを見たことがない竹山さん
竹山さんは彼女たちのライブを知っているのだろうか? 番組の頭を張っている以上は、把握しておくべきではないかと思うのだが。記者会見の質疑で率直にその質問、「彼女たちのライブを見たことはありますか?」とぶつけてみた。すると竹山さんは、「ない!」ときっぱり。さらに、

竹山さん 「言っときますけどね、僕は人生で一度もアイドルのライブを見たことがないんですよ!」

と、自信満々で付け加えたのだ。おいおい、対決させておいてそれはないだろ。じゃあ、「どっちを応援したいですか?」と聞くと、

竹山さん 「そりゃね、アプガの方が洗練されていますよ。事務所もしっかりしてるしね。その一方でこうやって秋葉原で地道にやってる仮面女子にもがんばって欲しい。どちらにも良さがあるから」

・大人の意見かと思いきや
と大人の意見。ほう、なかなかいい着地点ではないだろうか。それぞれの良いところを指摘して、角が立たないようにしている。さすが長年一線で活躍しているだけあって、いい形でまとめられた……、はずだった。だが、竹山さんはいつもの調子でこう言ったのである。

竹山さん 「まあ、どっちが売れようが、僕の知ったこっちゃないですけどね!」(以上、竹山さんの発言要約)

おいおい、だから、じゃあなぜイベントの出演をお願いしたんだよ! 入口調査の提案をしたんだよ! まあとにかく、イベントそのものはアツいものになるに違いないだろう。対決の行方も気になる。イベント開催まであとわずかだ。すでにチケットも販売しているので、「行こうかな」と考えている人は、早めに購入した方が良さそうだぞ。それにしても、何と言う投げやりな発言……。

・『TAKEROCK FES』イベント詳細
会場: 赤坂BLITZ
開催日: 2014年6月15日
時間: 開場15:00 開演16:00
チケット: 前売り4200円、当日4700円

参考リンク: 竹山ロックンロール
執筆: 佐藤英典
Photo: Rocketnews24

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング