好きな色をカラーセンサーでスキャンして1600万色を再現! 魔法のようなペン「Scribble Pen」が話題

ロケットニュース24 / 2014年6月9日 11時0分

好きな色をカラーセンサーでスキャンして1600万色を再現! 魔法のようなペン「Scribble Pen」が話題

色鉛筆やクレヨンと別れを告げる時が来るかもしれない。というのも、身近にある好きな色をセンサーで読み取り、紙やデバイスに描ける「Scribble Pen」が発売間近とのことで話題となっているからだ。これが1本あれば、どんな色でも生み出すことが可能で、まさに子どもやアーティストにとって “夢のペン” の登場である。

・カラーセンサーで色をスキャンし写し出せるペン
「Scribble Pen」と名づけられたペンのメモリには10万色が内臓されており、カラーセンサーとマイクロプロセッサーで色を感知しスキャンすることで、1600万色を再現することができる。例えばオレンジにペンの先を当てるとセンサーが色をスキャンし、ほぼ同じオレンジ色を紙やデバイスに写し出すのである。

・紙用の「Scribble Ink」
Scribble Pen には、紙に色を描き出す「Scribble Ink」とデバイス用の「Scribble Stylus」の2種類がある。まず、“青緑と赤紫、黄、白と黒色” の詰め替え式インクカートリッジが中に入っている Scribble Ink は、色がなくなり次第カートリッジを入れ替える必要がある。

・デバイス用の「Scribble Stylus」
そしてスマホやタブレット上に色を写し出せる Scribble Stylus は、インクカートリッジを必要としない。その代わりに専用アプリを Bluetooth 機能でペンと接続し、ペンがスキャンした色でデバイスのスクリーン上に描ける仕組みになっている。

・商品化に向けて資金集めに取り掛かる予定
どちらもマイクロ USB ポート搭載なので、パソコンやデバイスに接続可能である。現在、開発者は商品化に向けて、ネット上で寄付金を募るサイト「Kickstarter」で資金集めの準備を進めている。商品化された際には、Scribble Ink は149.95ドル(約1万5000円)、Scribble Stylus は79.95ドル(約8200円)で販売される予定だ。

これ1本で塗り絵が済むと、世の中のお母さん達は家中に転がった色鉛筆を集める手間が省けるだろう。またプレゼントとしても最適かもしれない。

参照元:YouTubeMail Online(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング