英国メタルバンドのボーカルが『名探偵コナン』メインテーマを日本語でカバー!! カッコよすぎて映画の主題歌にしてほしいレベル

ロケットニュース24 / 2014年6月30日 16時0分

英国メタルバンドのボーカルが『名探偵コナン』メインテーマを日本語でカバー!! カッコよすぎて映画の主題歌にしてほしいレベル

今年で放送開始18年目を迎えるアニメ『名探偵コナン』。その人気は日本だけでなく『ドラえもん』『ポケモン』に並んで世界レベルのものである。

そんな『コナン』のメインテーマと言えば「キミがいれば」だ! これは、テレビアニメ本編や次回予告などで流れるあの曲に、歌詞がつけられたもの。劇場版で「キミがいれば」が流れると「いよいよクライマックスか!」とワクワクしたことがある人も多いだろう。

その「キミがいれば」を英国メタルバンドのボーカルがカッコよくカバーしているぞ。しかも日本語で!! どんな仕上がりになっているのかは動画DETECTIVE CONAN – KIMI GA IREBA (Metal Cover)で聴いてみよう!

・英国メタルバンドのボーカルがカバー
「キミがいれば」をカバーしたのは、ノルウェー人ミュージシャンのPelleK(ペルケイ)さんだ。PelleKさんは、英国シンフォニックメタルバンド「DAMNATION ANGELS」のボーカルを務めるかたわら、様々な音楽活動をしている。そのひとつとして、アニメソングをメタルカバーすることでも知られている。

・かっけえええええええええ!!
そんなPelleKさんが、今回あの『コナン』のメインテーマをカバーしたわけだが聴いてみると……初っ端からズゥゥンと響くドラムとギターの音! 男声の力強さを持ちながら、ハイトーンな歌声は、もう「かっけええええええええええ!」の一言だ!

・劇場版『コナン』で使ってほしい!
映画で聴く「キミがいれば」は、伊織さんやReikoさんという女性ボーカリストが歌っている。彼女らの訴えかけるような切ない歌声も素晴らしいが、PelleKさんの腹に響くようなアレンジもとても魅力的。このまま映画のクライマックスで使ってほしいくらいである。

・ほかのカバーソングも必聴
PelleKさんがアニメソングを日本語でカバーするのは今回が初めてではない。彼のYouTubeチャンネルを見てみると、すでに『進撃の巨人』の「紅蓮の弓矢」、『ドラゴンボールZ』の「CHA-LA HEAD CHA-LA」など多くのアニメソングがカバーされている。また、日本語ではないが、2014年の『アナと雪の女王』の主題歌「Let it go」もメタル版も雰囲気がガラリと変わってめちゃくちゃイイ! こちらも必聴である。

参照元:YouTube
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング