ニンニク料理を食べた時に口臭を和らげてくれる「意外な食品」が判明

ロケットニュース24 / 2014年7月1日 11時0分

ニンニク料理を食べた時に口臭を和らげてくれる「意外な食品」が判明

ニンニクを少し入れるだけで料理の味が格段に上がるが、人と会う約束があったりするとつい控えがちになってしまう。食後のブレスミントでもなかなか消えないニンニクの匂いを、一緒に摂ることで和らげてくれる食べ物があるというので紹介したい。

・ニンニクの臭いは “硫化アリル” が原因
クセがあるニンニクの臭いの元凶は “硫化アリル” という物質で、硫化アリルは消化中に分解されないため、口に臭いが残ってしまうのだ。ちなみに硫化アリルは、ニンニク以外に玉ねぎや青ネギにも含まれている。

・あらゆる食品を試して実験
そこで米オハイオ州立大学食品科学・技術部のシェリル・バリンガー教授率いる研究チームが、どの食品がニンニクの臭いを消す効果があるか実験を行った。まず彼らは被験者に生のニンニクを食べてもらい、口臭の度合いを計測。次に様々な食品を食べてもらった後、再び口臭度合いを計測し、どの食品がニンニクの臭いを和らげているか調査した。

・特にリンゴが効果あり!
その結果、リンゴを食べたあと硫化アリルの濃度が減少しており、リンゴはニンニクの臭いを脱臭する効果が高いことが判明した。またレモンジュースや緑茶、パセリにほうれん草といった食品も効き目があり、さらに作用を高めたければ食事中にニンニク料理と一緒に摂ると良いとのこと。

・ポリフェノールを含んだ食品や牛乳も効果的
また教授が以前に行った研究で、200ミリリットルの牛乳を飲むと、息に含まれる硫化アリルの濃度が50パーセント減少することも明らかになっている。このほかコーヒーやワインといったポリフェノールを豊富に含む食品も、硫化アリル分解率が高いそうだ。

牛乳と一緒に餃子を食べたい人はあまりいないと思うので、食事内容によって緑茶やコーヒー、ワインなど取り入れ方を変えてみたら、臭いを気にせずニンニク料理を食べられるのではないだろうか。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング