「小銭はいらねえよ」という運転手も! 現地で体験したブラジルのタクシー事情 / 英語が通じない国に行くならコレだけは調べておきたい!!

ロケットニュース24 / 2014年7月8日 22時0分

「小銭はいらねえよ」という運転手も! 現地で体験したブラジルのタクシー事情 / 英語が通じない国に行くならコレだけは調べておきたい!!

あなたは、「ブラジルのタクシー」と聞くと、どのようなことをイメージするだろうか? 恐らく少なからぬ人が、ブラジル → 治安があまりよくない → タクシーに乗ったらボッタクリにあう&最悪の場合、怪しいところに連れて行かれる……などのネガティブな印象を抱いているのではないだろうか。

正直、記者自身がそうだった。しかし実際ブラジルに行くと、その印象ががらりと変わったので、ここで取り上げたい。また余計なトラブルを避けるために、日本で調べておきたい意外なことにも触れよう。

・海外旅行でありがちなタクシートラブル
海外でタクシーに乗ったら、料金をふっかけられた、またはお釣りをごまかされた、というのはよくある話だ。特に、治安のあまりよくないところでは比較的起こりがちと言われている。読者の中にも、「海外で法外な運賃を請求されて戦った経験がある」という人は多いのではないだろうか。

ただ、治安の悪い国ほどタクシーでトラブルが起こりがちなのだが、治安の悪い国ほど、移動の際にはタクシーが必須、短い距離でも乗らないとヤバい、というジレンマがある。

そしてブラジルも、治安面を考えればタクシーは欠かせない交通手段である。

・30回以上利用して1度もトラブルなし
なので私も、個人旅行でブラジルに来ている他の旅行者同様、滞在中には頻繁にタクシーを利用した。数としては、30回以上。その間何かトラブルがあったのかというと……

1度もなし! ボッタクられたり、料金を吹っかけられたこともなければ、お釣りをごまかされたこともなかった。もちろん、怪しい場所へ連れて行かれそうになったこともなし。流しのタクシーを利用しないなど、事前にガイドブック等で注意喚起されていたことを守ってはいたが、正直ここまでトラブルがないのは予想外であった。

・「端数は入らねぇ」という運転手も
それどころか中には、「端数はいらねえよ」といわんばかりに、小銭を受け取らない運転手も。もちろん運転手にもよるだろうが、私が経験した範囲では、お金に対してクリーン、かつ人として安心できる人が多い、という印象を受けた。

・こちらの誤解からトラブルになるケースも
とはいえ、ブラジルでタクシートラブルに見舞われる人もいる。その原因がタクシー運転手側の場合もあるのだが、こちらの無知が原因でトラブルになることも。その結果、相手に非常に不快な思いをさせてしまうこともあるので、そのケースを紹介したい。

・ブラジルのタクシー料金システム
まず、ブラジルのタクシー料金システムを簡単に触れよう。ブラジルのタクシーは、ほぼ全てメーター制。都市にもよるが、初乗りは4レアル(約180円)前後で、平日の22時から早朝6時までと休日は、25%ほど割り増しとなる。

また、平日料金を意味する「1」と休日料金を意味する「2」が、メーターに表示され、どちらの料金なのかが一目で分かるようになっている。

・知らないばかりに「ボラれた」と勘違いする旅行者も
ブラジルで知り合った日本人旅行者によると、その料金システムを知らないばかりに「ボッタクられた!」と勘違いした人が少なからずいたようなのだ。ブラジル=治安が悪いというイメージがあったがために、神経過敏になってしまったのかもしれない。

具体的に言うと、タクシーに乗った時点で、メーターに4レアルと表示されているのを見て抗議したり、休日料金の存在を知らずに、「この金額はおかしい」と運転手に怒ったりなどである。これは、運転手からすればいい迷惑だ。もちろん旅行者側にとっても、大きな損である。

・事前にタクシー料金をある程度把握しておくのは結構大事!
海外旅行をする場合、事前にその国に関してある程度調べていく人は多いだろう。治安面だったり、通貨の交換比率だったり、割のいいレートで両替できる銀行の場所だったり、行きたいレストランだったりなどだ。一方、タクシーの料金システムというのは、意外と優先順位が低い。

しかし国によっては、それを知っておかないと、最悪の場合自分自身が相手にイヤな思いをさせかねない。その国の言葉で意思疎通できるならば、現地で誰かに聞けばいいだろう。だがブラジルのように、ほぼポルトガル語しか通じない国では、現実にはなかなか難しい。身振り手振りで、「初乗り料金がいくら、休日の割り増しが何%」まで教えてもらうのは、かなり大変である。

なので、英語がほとんど役に立たない国に行く予定で、なおかつタクシーを頻繁に使うことが予想されるならば、面倒でもその国のタクシー料金システムだけは事前に日本で調べておくことをオススメする。

それだけで、自分が相手にイヤな思いをさせてしまう可能性はぐっと低くなる。しかも、もし相手が料金をごまかそうとしたらすぐに分かるから、いざという時に助かるぞ。

執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング