【犬が苦手な人必見】散歩中の犬が怖くなったときに試してほしい「ワンちゃん克服法」

ロケットニュース24 / 2014年7月9日 13時0分

【犬が苦手な人必見】散歩中の犬が怖くなったときに試してほしい「ワンちゃん克服法」

「夏到来!」といわんばかりの暑い日差しの日が増え、公園で遊ぶ人やお散歩中の人が一気に増える季節がやってきた。それと同時に、お散歩に喜ぶテンション高めなワンちゃんも一気に急増中! 犬が好きな人にとっては、お散歩中のワンちゃんとの遭遇は嬉しい出来事であるが、苦手な方にとってはちょっとした恐怖である。

そこで今回は、犬が苦手な私が実践している「ワンちゃん克服法」をご紹介したい。

・お散歩中の活発なワンちゃんを見かけた場合
まず散歩中のワンちゃんを見かけたら、心の中でアフレコをしてみよう。たとえば、遠方に、飼い主のリードをガンガン引っ張って全身するワンちゃんを見つけた場合は「お散歩楽しいよ! お散歩楽しいよ!」と高めな声で無邪気にアフレコしてみることで、お散歩中の機敏な動きが可愛らしく思えてくることだろう。ぜひ実践してみてほしい。

・スーパーの前などで待機中の大きなワンちゃんに驚いた場合
時々、スーパーの前で待機している大きなワンちゃんに遭遇する。ワンちゃん好きからすれば「カワイイ〜!」と駆け寄りたくなるだろうが、苦手な人の場合、“スーパーから出てきた瞬間のワンちゃん遭遇” にはビックリせざるを得ない。こんな時は、以下に紹介する方法が有効である。

・驚いている自分を見て、ワンちゃんが心配してくれている設定
ビックリしている自分の姿を目の当たりにしたワンちゃんが、「大丈夫? 大丈夫? 何かイガグリ的なものでも踏んじゃった?」と心配してくれているという設定で、心の中でアフレコしてみよう。

ワンちゃんが自分のことを心配してくれていると思い込むと、ワンちゃんの姿を見てビックリしてしまった自分がどうしようもなく非情で、心の狭い人間に思えてくるのだ。

・そして心のなかで懺悔をする
そして、「つぶらな瞳でこちらを見つめ、けなげに心配してくれているワンちゃんに対して、自分はなんて非情で心の狭い人間なのだろうか。どうして、怖がってばかりいたんだろう。めちゃくちゃ優しい、純粋なイイ子に対し……」と懺悔すると、心の奥から愛おしい気持ちがジワッと湧いてくる。そう、ワンちゃんに対する愛情の芽生えを感じることが出来るのだ。

ワンちゃんが苦手な人が、いきなり犬を好きになるのは難しいかもしれないが、少し自分から歩み寄ることが「ワンちゃん克服」の近道である。

執筆:原田まりる
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング